体験 | ショッピング| イギリスのマーケット

イギリスのマーケット

ユニークで、奇抜で、風変わり、そしていつも掘り出し物

マーケットで棚に並んだ特別な一点物のデザインや古いレコードを探しながら過ごす午後ほど楽しいものはありません。 珍しいアンティークであれ、生花であれ、必ず掘り出し物が見つかるでしょう。

ロンドンのマーケットは、雰囲気だけでも味わっておきたい必見のスポットです。 イースト・エンドには、通りを色とりどりの美しい花々で埋め尽くす Columbia Road Flower Market があり、古着や工芸品アクセサリー、ハンドメイドの商品からアンティーク、おいしい食べ物まで何でも手に入る、美しいビクトリア朝のマーケット Old Spitalfields Market があります。

ノッティング・ヒルでは、 Portobello Road Market が町全体に広がり、本物のアンティークから青果、おしゃれな衣類、アクセサリー、家庭用品まで、様々な店が建ち並びます。 露店が出るのは土曜日のみですが、それ以外の日もたくさんの常設店などで楽しむことができあります。 テムズ川の南側にある Greenwich Market は、1700年から開催されており、今でも週末に訪れる人気スポットで、アンティーク、衣類、工芸品を販売しています。

ロンドン以外では、 Oxford Covered Market も果物、花、一風変わった贈り物が手に入るすばらしいマーケットです。また、 Birmingham’s Rag Market には、あらゆる種類の布がそろっています。 The Barras という愛称で知られるグラスゴーのバローランドでは、くまなく探せば必ず欲しい物が見つかるでしょう。 このマーケットは、19世紀の初めにつつましくスタートしましたが、今では100を超える露店があらゆる商品を販売するマーケットになりました。

この活気溢れる屋内マーケットは Cardiff の中心部に位置し、専門性の高いレコードや本を探し求める収集家にとって天国のような場所ですが、一風変わったプレゼントやお土産を探すのにも最適な場所です。 そしてもちろん、肉、魚、果物、野菜、乳製品など、地元ウェールズの新鮮な食品も幅広く取り揃えられています。