イングランド・コースト・ライン(海岸線)の夢のような散歩道

海からそびえ立つ印象的な断崖から砂の入り江、趣のある漁村まで、イングランドの海岸線は、大自然の中でのんびりと過ごすことを夢見ている人には、静かな時間を約束してくれます。 国内の海岸と海洋環境は、イングランド・コースト・パス(海岸線)(England Coast Path)で結ばれており、息をのむようなほどの美しさを誇るスポットやリラックスできる素晴らしい場所へのアクセスを提供しています。2021年の「Year of the English Coast 」には、世界最長の約3,000マイルの標識付きトレイルが完成します。イングランド・コースト・パス(海岸線)の広大な区間がすでに開通しており、想像力をかきたてられます。 

 

イングランドで最も静かなスポットのいくつかを通り過ぎ、途中で息をのむような景色を楽しみ、歴史的なお城を探索し、美味しいフィッシュ&チップスをつまみ、古代の断崖で化石を見つけることができます - これらは、ロンリープラネットの「ベスト・イン・トラベル2020」でイングランドが2位を獲得するのに貢献した、イングランドの海岸線の中のトップリストの一部に過ぎません。

 

ノーザンバーランド

Bamburgh Castle, Northumberland, England.

堂々としたお城や野生動物が多く生息する沖合の島々があるノーサンバーランドの海岸は、美しさと歴史を兼ね備えています。
この卓越した自然美のエリアを見下ろすバンバラ城の堂々とした城壁からの息をのむような景色を眺めたり、ファーン諸島で珍しいパフィンやアザラシを探したり、干潮時には歴史的な聖なる島リンディスファーンを探索したりと、夢のような素晴らしい体験ができます。

1
バンバラ城

ダラム・ヘリテージ・コースト

歴史的な海岸線に指定されているダラムの野生の断崖と広大な砂丘は、野生の花や昆虫、その他の野生生物の宝庫です。春と夏には花が咲き乱れますが、印象的な海岸の岩の造形、マグネシア石灰岩の海岸草原、険しい崖の景観は一年中美しいです。

2
ダラム・ヘリテージ・コースト

ノース・ヨークシャーとクリーブランド・ヘリテージ・コースト

The sunsets behind Whitby Abbey, Whitby, North Yorkshire, UK.

ノース・ヨーク・ムーア国立公園(North York Moors National Park)と北海が交差する長さのノース・ヨークシャー・アンド・クリーブランド・ヘリテージ・コースト(North Yorkshire and Cleveland Heritage Coast)は、ドラマチックな断崖絶壁と絵に描いたような漁村や町が混在しています。食通の方は、ホイットビーの海辺の港で獲れたその日の獲物をテイスト・オブ・ブリテンのウィッシュリストに加えてみてはいかがでしょうか。 冒険家は、その修道院の呪われた遺跡を探索することを楽しみにしていますが、歴史好きな人の中には、ロビン・フッドズ・ベイの歴史とこの地域の豊かな鉱山の過去について学ぶことでインスピレーションを得ることができます。

3
ノース・ヨークシャー・コースト

Norfolk Coast

Sunset at high tide behind the old beach huts at Wells-next-the-sea on the North Norfolk coast.

50年以上もの間、顕著な自然美の地域に指定されているノーフォーク・コーストには、ホークハム国立自然保護区の広大な砂丘や塩沼から、ホークハム・ホールの壮麗な大邸宅まで、すべてが含まれています。海岸が好きな人なら、ハンスタントンクリフ(Hunstanton Cliffs)でドラマチックな色彩を背景に化石を探したり、広大な砂浜で砂の城を作ったりと、わくわくするような日々を想像することができます。文化を愛する人たちは、ヨーロッパ最後の桟橋劇場であるクローマー桟橋のパビリオン(Pavilion on Cromer Pier)でのショーを鑑賞するなど、伝統的な海辺のリゾート地を探索することを夢見ることができます。

4
ホークハム国立自然保護区

ケント・コースト

Viewpoint and bench seat on the cliffs at Hope Gape, looking along the coastline of the Seven Sisters white chalk cliffs on the English channel.

「イングランドの庭」と海を隔てたケントには、絵に描いたように美しい海岸線が350マイルにわたって続き、壮大な白亜の砂岩の崖やブルーフラッグの砂浜が、国内のどこよりも多く見られます。次回の訪問を心待ちにしているのであれば、ボタニー・ベイ(Botany Bay)のチョークスタックを眺めたり、セント・マーガレットズ・アット・クリフ(St Margaret's at Cliffe)の有名なホワイトクリフ(白い崖)の下を散策したりすることを想像してみてはいかがでしょうか。食通の方はウィツタブルの一流シェフの美味しい料理を味わうことができ、動物好きの方はロムニー湿原やダンゲネスの野鳥保護区で野鳥を観察することができます。

5
セント・マーガレット・アット・クリフ

ジュラシックコースト

People kayaking at Stair Hole in the limestone cliffs and along the shores of the Jurassic coastline near Lulworth Cove in Dorset. Paddling to and through the rock arch.

デボンからドーセットまでの95マイルに及ぶユネスコ世界遺産の海岸線は、1億8,500万年の歴史と自然界の驚異的なパワーを紹介しています。 いたるところに素晴らしい景色があり、ダードル・ドア(Durdle Door)の自然の石灰岩のアーチや、ラルワース・コーブ(Lulworth Cove)の白い小石の上に岩が溜まっている様子を想像してみてはいかがでしょうか。豊かな化石狩りの遺産、歴史的な港、石畳の道を持つライムレジスは神秘主義に満ちており、最初のナショナルトラスト保護区の1つであるアンダークリフは、一連の地滑りによって時間をかけて作られました。

6
ラルワース・コーブ

南デヴォン

英国の岩だらけの岬、隠れた入り江、砂浜を発見したいなら、サウスデヴォンのコースト・パスを英国旅行のリストに加えてみてはいかがでしょうか。かつては密輸業者が住んでいましたが、今では何キロもの断崖絶壁の小道があり、ハイカーらが探検できるようになっており、素晴らしい景色とインスタ映えする写真をたくさん撮ることができます。南デボンの国定公園の中心部に位置するサルコムの小さな港町とその水は、詩人アルフレッド・ロード・テニソンにインスピレーションを与えたサルコム・サンド・バーから、ヘンリー8世の時代に遡るサルコム城の遺跡まで、この地域の歴史を形成してきました。

7
サルコム

北コーンウォール

コーンウォールの北海岸にあるティンタジェル城の遺跡は、イングリッシュ・ヘリテージによる画期的な橋のプロジェクトのおかげで500年以上ぶりに結ばれ、険しい岩の露頭の上に高くそびえ立っています。英国の豊かな古代史や民俗学のファンであれば、アーサー王伝説や何世紀にもわたって想像力に火をつけてきた海岸線とのつながりを解明することも夢ではありません。

8
ティンタジェル城

マージ―サイド

Exterior view of Tate Liverpool, Albert Dock, Liverpool, Merseyside, UK.

英国を夢見るアートファンなら、クロスビー・ビーチをウィッシュリストに入れてみてはいかがでしょうか。リバプールの北に位置するこのビーチには、何マイルも続く砂浜の海岸線とユニークなアートインスタレーションがあり、干潮時には最高に楽しめます。国際的に高く評価されている彫刻家アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)の「アナザー・プレイス(Another Place)」は、砂地を見下ろす100体の等身大の鉄人像のコレクションで、約2マイルに及ぶ海岸線をカバーしており、夕暮れ時には特に見応えがあります。 

9
クロスビー・ビーチ

カンブリア・コースト

何マイルにもわたる手つかずの海岸線があり、有名な湖水地方の美しさにも近いカンブリアの海岸には、発見すべき楽しみがたくさんあります。セント・ビーズ・ヘッド・ヘリテージ・コースト(St Bees Head Heritage Coast)の印象的な赤い砂岩の崖を探索したり、ホワイトヘブン(Whitehaven)の海港を訪れたり、歴史的なお城や古代の遺跡が点在するレイブングラス&エスクデイル鉄道(Ravenglass and Eskdale Railway)に乗って風光明媚な旅を楽しんだりと、他では味わえない体験がたくさんあります。

10
ホワイトヘブン
28 Jul 2020(last updated)