マンチェスターの映画 & テレビ

 

メディアシティUK

活気を取り戻したサルフォード・キーズには、再開発されたメディアシティUKがあります。この巨大で近代的な水辺の観光地は、BBCやITVの多くのメジャーなテレビ番組の拠点です。イギリスの伝説的メロドラマ『コロネーション・ストリート』や、リアリティ番組『ドラゴンズ・デン(龍の巣)』(一部の国では『シャーク・タンク(サメの水槽)』)は、ここで撮影されています。

 

キャプテンアメリカ

2011年、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のキャストとクルーは、マンチェスターにあるデール・ストリートにやってきて/(突然)押しかけ、壮大なシーンを撮影しました。この通りには1940年代のニューヨークに見えるように装飾が施されました。

 

ニューヨークインマンチェスター

マンチェスターのノーザン・クォーターは本物のマンハッタン感を持っているに違いありません。2004年の映画、『アルフィー』もそこで撮影されました!映画が始まって約26分後、映画のために駐車場の上に特別に建てたカフェが出てきます。本物らしさを出すために、本物のニューヨークの避難階段が取り付けられました。

Manchester film

24アワー・パーティー

2002年の映画、『24アワー・パーティー・ピープル』は、マンチェスターとマンチェスター文化の代名詞です。この作品の撮影は、キャッスル・ストリート周辺の閑静なエリアを含む、市内各地にあるロケ地で行われました。このエリアは映画で描写される「マッドチェスター」の音楽シーンとは見事に対照的です。

 

マンチェスター市庁舎

マンチェスター市庁舎は映画のロケ地としてよく貸し出されてきました。ロケ地としての人気の理由は、この建物のヴィクトリア王朝時代の雰囲気と恒久的な存在感です。2015年の映画『ヴィクター・フランケンシュタイン』、2009年版の『シャーロック・ホームズ』、2011年の伝記映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のいくつかのシーンはここで撮影されました。

 

1950年マンチェスター

1960年の映画『ヘル・イズ・ア・シティ』の最後の重要なシーンは、パレス・ホテルの屋上で撮影されたものです。この映画では1950年代のマンチェスターの姿を見ることができます。

More things to do in Manchester

無料でできること
隠れた見どころ
マンチェスターから一時間
ショッピング
マンチェスターで味わえる10の素晴らしい体験
スポーツ
家族フレンドリー
フード&ドリンク