田舎でのロマンス:人里離れた避難場所

Friday 15 January 2016

世の中のインターネットの世界から逃避し、どこか人里離れた所で恋人と心地よく寄り添い合うことほどロマンチックなことがあるでしょうか?このような逃避場所は電気もなければ道路もなく、「 Do not disturb (邪魔しないでください)」のサインが無意味になるほど遠くにあります。遠隔地にあるホステルや避難小屋、キャンプ場などはこの類に含まれません。私の経験では、共同寝室やマミー型の寝袋、野外の共用バスルームなどは、燃えるような情熱さえも弱めてしまう可能性があるからです。

イングランド西部、麦畑内のキャビン

 

イングランド西部の魅惑的なノーフォーク海岸の近隣にある、このサトウダイコンやオオムギなどの農作物の間に隠れた木造キャビンには電気がありません。ロウソクとランタンがこじんまりとした室内を照らし、月の光と星と焚き火台がプライベートデッキを照らします。ザ・ウッドコック(The Woodcock)は、愛情を込めて手作りされたキングサイズベッドや、地元で鍛造されたカーテンレールに掛かる地元で縫われたカーテン、そして地元の骨董品店からの不揃いな食器類などで、ロマンス点がさらにアップ。何と言っても最高なのは薪燃焼式のヒーターで暖められる大きなお風呂です。またアウトドアシャワーもあります。...

スコットランド高地地方、湖畔のゲストハウス

全て込みのスカイアリー・ゲストハウス(Skiary Guesthouse)は、道路のないホーン湖(Loch Hourn)の湖岸に隠れたように佇んでいます。この「 スコットランドの最も野生的なゲストハウス」には、道路の終わりから35分歩くか、オーナーの小型モーターボートに乗る手配をして行くことができます。電気と携帯電話の代わりに、ボード(盤上)ゲームや家庭料理、古き良き会話などを通して楽しみが味わえます。そして、もちろんウィスキーも。ハウス全体が灯油ランプとロウソクで照明され、流木を燃やしたストーヴで暖がとられています。滞在中は手漕ぎボートで湖を渡ってみたり、アザラシやアカシカを見つけたり、湖畔の道を手をつないでのんびり歩いたり、丘の上を散策したりしましょう。

スコットランド、シェトランド諸島の崖上の灯台

Eshaness lighthouse Pic: Shetland Amenity Trust

 

自動灯台としてエシャネス(Eshaness)は電気を必要としますが、位置的にはここは全くの遠隔地です。それは、ロンドンの北962マイル(約1550キロ)、北極圏の南400マイル(約640キロ)というイギリスで最も北方の場所であるシェトランド諸島西端の切り立った崖の上にあります。灯台の中は暖かくこじんまりとしていますが、360度の眺めがここをとてもロマンチックな場所にしています。近所には他の住居は見られず、聞こえるものは下の崖を繰り返し激しく打つ大西洋の波の音と、頭上を飛び交うカツオドリやトウゾクカモメの鳴き声のみです。運が良ければ、無限に広がる海原の水面にクジラが飛び出して来るかもしれません。大嵐がやって来て、さらにぴったりと寄り添う言い訳ができるといいですね。.

ウェールズ、18世紀のリトリート

Tune in to a simpler time in Bryn Eglur – a cute-as-a-button traditional Welsh ウェールズの人里離れた所にある、伝統的な小自作農のとても可愛らしいコテージ、ブリン・エグラー(Bryn Eglur)で、もっと単純な時代に波長を合わせましょう。ここは1775年に建てられ、その小さな諸部屋はロールトップバスや床下暖房などのちょっとした文明の利器をいくつか付け加えて注意深く修復されているのですが、結局のところ、それらがなければかなりロマンチックさに欠けることになります!携帯電話の電波の受信は非常に弱く、インターネットのアクセスはありません。その代わり、ウェールズ製の毛布と大型の振り子時計、そして錬鉄製のベッドフレームなどがあります。固形燃料式のレイバーン・ストーヴの上で料理をし、暖炉の前で寄り添い合い、昼間はロマンチックな散策を、夜は星の観測を満喫しましょう。ウェルシュ・ハウス(Welsh House)での滞在経験についてお読みください

イングランド南西部の島への逃避

 確かに二段ベッドは寝床としてあまりロマンチックとはいえませんが、この自炊式コテージのロマンス気分は、そのロケーションで盛り上がっています。元はボート用の信号・監視場であったティベッツ(Tibetts)は、デヴォンのちょうど北岸沖にある小さなランディ島の二番目に高い場所を占めています。ランディにある数少ない滞在場所の一つですが、木造床や(さねはぎ)板張りが特徴のティベッツは最も遠くに位置する唯一の電気のない場所です。岩場の多い島海岸での散歩、ランディ海洋保護区域(Lundy Marine Conservation Zone)の澄んだ水でのスノーケリングやスキューバダイビング、またツノメドリやニホンジカ、ランディ・ポニーなどを見つけたり、遠くでキラキラ輝く14の灯台を数えたりしてみましょう。

Latest Blogs

キングスマンになるには

続きを読む
Kingsman: The Golden Circle
キングスマンになるには

キングスマン流の着こなし方

続きを読む
キングスマン流の着こなし方

スコットランドでウイスキーのキングスマン流テイスティング

続きを読む
スコットランドでウイスキーのキングスマン流テイスティング

典型的英国風アフタヌーンティーのエチケットガイド

続きを読む
Our ever-so British guide to afternoon tea etiquette
典型的英国風アフタヌーンティーのエチケットガイド

ダラム大聖堂 in 360

続きを読む
Explore Durham Cathedral in 360
ダラム大聖堂 in 360