英国で一番幽霊が出ると言われるホテルに泊まる勇気はありますか?

Friday 20 October 2017

その華やかな歴史や、身の毛がよだつような伝説や、ぞっとする様な古くていかめしい建物などのせいで、英国は世界で一番おぞましい島国と言えます。勇気が出てきましたか?では早速お荷物(幽霊体験キット?)をまとめて、英国で一番呪われたホテルに一、二泊してみましょう。

英国で一番呪われたホテル

Adelphi Hotel & Spa,  Liverpool

幽霊が出るホテルに泊まろうとするなら、リバプールにあるブリタニア アデルフィホテル&スパを試して下さい。そこはその意味では折り紙付きのホテルですよ。超常現象の探索家でありかつ作家であるトム・スレーマンはそのホテルのセフトンスイートで談話している時にお化けを見たと主張しています。そこはまさにあのタイタニック号の一等船室の喫煙ラウンジをコピーした物でした。スレーマンは船員の服を着た3人の男が部屋の奥まった辺りに立っていたと証言しています。彼はそのうちの一人はタイタニック号の船長エドワード・スミスだと信じています。

ホテルの従業員もヴィクトリア調のグレーのドレスをまとった女性を地下室で見かけ、又誰かが窓からぶら下がっているのを目撃したと報告していますが、後で調べるとそこは鍵がかかっていました。

ドイツのプリンスの幽霊が出るホテル

Langham Hotel, London

もしロンドンのランガハムホテルに泊まっている時に室温が変わるのに気が付いても、フロントデスクまで行って温度調整を要求しないで下さい。あなたはたぶんドイツのプリンスに取りつかれているだけですから。言い伝えによると問題を抱えたその貴族が何年も前に上階の窓から投身自殺しましたが、今でもホールを歩き回ったり、閉まっているドアを通り抜けたりするのが目撃されています。

でもそれはラングハムの150年以上の歴史に於いて最も恐ろしい物語であるとは言いきれません。ある時333号室に宿泊していたBBCのニュースキャスターが目を覚ますと、蛍光灯の光が徐々に人間の形となって床の上をさまようのが見えたと言われています。

密輸者の隠れ家

The Mermaid Inn, Rye

イングランド南東部のライにあるマーメイドインは600年以上に渡る呪われた話を、きしむ床のことも交えながら、ウエブサイトでの売り文句にしています。

言い伝えによると、そこはホークハーストと呼ばれる密輸団と恐らく彼等の女達のアジトとして1730年から1740年まで使われていました。そして、彼らの少なくとも5人が今でもそこに住み着いているようです。真夜中にボトルが割れ散ったり、揺り椅子が何もしないのに揺れ動いたりと言った不思議で超常的な話が今でも伝えられています。

どうですか?夜を無事に過ごせそうですか?

Castle Stuart, Scotland

キャッスルスチュアートは、スコットランドの名門ゴルフコースの一つとして受け入れられる前に、モーレー伯ジェームズ・スチュワートの居城でした。理由は良くわかりませんが、その城は近隣住民の幽霊に取りつかれるようになりました。

この噂話を打ち消すために、スチュワートは一晩でも城に泊まる者にほうびを出すと申し出ました。その地方の大臣が勇敢にもその申し出を受けイーストタワーの最上階の部屋に宿泊しました。翌朝、顔が恐怖でひきつった状態で、その大臣が中庭で死んでいるのが発見されました。

胴体がないのを目撃

Black Swan Inn, Wiltshire

若い女性が椅子に座って長い間窓の外を見ているのを見かけたら、それは本当に恐ろしいことですし貴方の恐怖心をかき立てるでしょう。彼女はその部屋でお産の時に亡くなったと言われています。

ウィルトシャーのブラックスワンインに宿泊した多くのゲストが胴体のない足だけがホテルの周りを動き回っているのを見かけたと報告しています。

グレーレイディーによる写真爆弾

Ruthin Castle, Wales

北ウエールズにあるルシンキャッスルホテルに住んでいるとされる幽霊は全く冷血な殺し屋ですが、一方で、彼女は恐ろしほど洗練されています。上から下までグレーの服をまとったこのグレーレイディーは、その城がまだエドワード1世の要塞として使われていた時に、そこの第二司令官の妻でした。

彼女は夫がその地方の女性と不倫をしているのを見つけ、斧でその女性を殺してしまったと言い伝えられています。今でも彼女が時々渡り廊下を歩く足音が聞こえるとか、ゲストが撮った写真の背景に写っているとか言われています。正に究極の写真爆弾です。

Latest Blogs

イギリス好きにはたまらない! 「あぶそる〜とロンドン」のご紹介

あぶそる〜とロンドン
イギリス好きにはたまらない! 「あぶそる〜とロンドン」のご紹介

【プリンスホテル】首都圏8つのプリンスホテルで「British Fair 2020 Timeless U.K.」開催 英国を代表する食品や文化を通じて”英国ヴァーチャルトリップ”を体感

British Fair 2020 Timeless U.K.
【プリンスホテル】首都圏8つのプリンスホテルで「British Fair 2020 Timeless U.K.」開催 英国を代表する食品や文化を通じて”英国ヴァーチャルトリップ”を体感

『ザ・クラウン』英国内のロケ地巡り

Young man standing on low stone wall and looking up at St Pauls Cathedral, City of London. Credit to VisitBritain/Sam Barker
『ザ・クラウン』英国内のロケ地巡り

英国食べ歩きマップ

英国食べ歩きマップ

イギリスの最も優れたサイクリング・ルートに挑戦

イギリスの最も優れたサイクリング・ルートに挑戦

Register for our newsletter