これも好き、あれも好き。英国の驚くべきオルタナティブガイド

英国には、ロンドン塔から蜂蜜色のコッツウォルズの村々まで、アイコニックなランドマーク、緑豊かなオープンスペース、活気に満ちた都市がたくさんありますが、あまり知られていない、同じような魅力を持つ英国の観光地へ旅に出かけることを夢見てみませんか?サウス・ヨークシャーの伝統的なパブ、ミッドランドの曲がりくねった運河、マンチェスターの中心部を鼓動する音楽の歴史など、あなたが求めているものが何であれ、少し意外な英国旅行を夢見てみてはいかがでしょうか。

1. 風変わりなお店。ブライトンが好き、マーゲートが好き

Young woman walking in front of Peony Vintage clothing shop, Margate, Kent, England. Credit to VisitBritain/ Bethany Opler

石畳のビーチとライトアップされた桟橋に隣接する南の海辺のリゾート地ブライトンは、ザ・レーンズ(The Lanes)のボヘミアンな通りに並ぶ風変わりな独立系ショップで知られていますが、海辺の町ケント州のマーゲート(Margate)も同様にファッショナブルで個性的な街として知られています。

マーゲートには、ハイファッションの洋服店や、スタイリッシュな独立系の家庭用品を扱う店がたくさんありますが、ユニークなお土産を探しているなら、広大なジャンクヤードを探し回るのもいいでしょう。

ロンドンのファッション・エリアのクールさとブライトンの風変わりな中古品ショッピングをミックスしてみましょう。マーゲートには、伝統的なテーマパークやインスピレーションを与えてくれるターナー・コンテンポラリー・アート・ギャラリーもあり、他の街とは一味違う場所です。

1
マーゲート

2. 親しみやすいパブ;ブリストルが好き、シェフィールドが好き

A view of Sheffield city in early evening. Credit to SAKhanPhotography/Shutterstock.com

イングランド南西部の創造性のハブであるブリストルの個性は、静かな港側や石畳の通りに沿ってお酒が飲めるスポットがあり、多くのパブやバーがあることからもわかるように、ブリストルの独特の個性が常に表れています。

ブリストルのナイトライフの賑やかなエネルギーを体験してみたいと思ったら、独自のアイデンティティを持つ都市シェフィールドに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

サウス・ヨークシャーの「スチール・シティ」には、居心地の良い(ビーガンにも優しい) Red Deer(レッドディア)やアイリッシュパブのShakespeare’s(シェイクスピアズ)、ジャズ音楽で有名なTrippets Lounge Bar(トリペッツ・ラウンジ・バー)など、魅力的な伝統的なパブがたくさんあります。石畳の道を歩いても、地元のエールを飲んでも、この街の魅力の虜になります。

2
シェフィールド

3. 魅力的な村々;たとえばコッツウォルズ、愛すえきベイクウェル

英国の趣のある村々を散策することを夢見ているなら、絵葉書のように美しいコテージやティールーム、ツタに覆われたパブなど、コッツウォルズのことを考えたことがあるかもしれませんが、北部のダービーシャー郡でも、この絵のように美しい生活様式を垣間見ることができます。

ワイ川沿いにある伝統的なマーケットタウン、ベイクウェルには、歴史と伝統があり、蜂蜜色のハイストリートがあり、英国の田舎暮らしを味わうのに最適です。ストレスを発散したいですか?魅力的な伝統的なお店を探索したり、地元の歴史的な珍味であるベイクウェル・プディングの試食をしたりと、川沿いの散策の旅程を計画することができます。

3
ベイクウェル

4. 素晴らしい水路;ロンドンのように、バーミンガムを愛する

Red bricks of Birmingham surrounding their famous canals. Credit to VisitBritain/Julian Elliott

首都ロンドンの象徴であるテムズ川を中心にして建設されたロンドンの賑やかな街は、多くの人にとって、テムズ川のほとりを散歩したり、静かにサイクリングしたりすることが夢のような場所となっています。

しかし、あまり知られていないイギリスの水路を体験したいなら、バーミンガムの運河をバケットリストに加えるべきです。18世紀から19世紀にかけて、バーミンガムの繁栄する産業を支援するために建設されたこのミッドランドの街には、35マイルに及ぶ水路があり、徒歩でも、二輪車でも、さらには運河ボートでも探検することができます!

冒険家の方は、バーミンガムの運河に立ち寄ることをお勧めします。冒険家の方は、運河沿いにあるグレードIIに指定された元厩舎の建物であるラウンドハウス(Roundhouse)がリニューアルオープンした際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

4
バーミンガム

5. Historic sites: Like Bath, love Canterbury

 Boats rowing along a canal between houses in Canterbury, Kent, EnglandCredit to VisitBritain/Katya Jackson

南西部の都市バースは、ロマンティックなリージェンシー建築や畏敬の念を抱かせる10世紀の修道院古代ローマ浴場など、世界に誇る歴史と遺産の街として知られており、一歩を踏み出すごとに過去を吸収することができます。

何世紀にもわたるイギリスの歴史に憧れるなら、ユネスコの世界遺産に登録されているカンタベリーの石畳の街並みもリストに加えてみましょう。

ケント南部に位置するカンタベリーは、ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』の舞台となった場所で、1170年にトーマス・ベケットが殺害されたという悪名高い事件があった大聖堂や、印象的なセント・オーガスティン修道院の跡地があります。もう一つの楽しみ方は、ストアー川に沿ってパンティングすることです。

5
カンタベリー

6. 文学的伝説;ストラットフォード・アポン・エイボンのように、ハワースを愛する

View down the cobbled hill in the village of Haworth, West Yorkshire, England Credit to VisitBritain/Tim Holt Photography

文学が好きな人は、イングランドのマーケットタウンであるストラットフォード・アポン・エイボンを探索するのがお勧めです。シェイクスピアの国としても知られるイングランドのウェスト・ミッドランズ地方のこの地域には、劇作家の生家アン・ハサウェイのコテージ、ロイヤル・シェイクスピア劇場などがあります。  

イギリスの古典的な戯曲や小説に浸りたい方には、ブロントエ姉妹、シャーロット、エミリー、アンの故郷であるウェスト・ヨークシャーのハワースへの旅もお勧めです。  ここでは、荒涼とした湿原を歩き回ったり、博物館と化した家族の家を探検したり、文学的な兄弟が最後に眠るハワース教会を訪れたりする夢を見ることができます。

6
ハワース

7. 文化的なハブ;エディンバラのように、グラスゴーを愛する

The Riverside Museum is a large modern building beside the water in Glasgow. Scotland's Museum of Travel and Transport, and the tall ship, the UK's only floating Clyde-built sailing ship, is owned and operated by the ClCredit to VisitBritain/ Craig Easton

スコットランドの都市エディンバラは、特に毎年開催されるエディンバラ・フェスティバル・フリンジの期間中は、文化、コメディ、芸術、文学で賑わうことで世界的に知られています。

しかし、スコットランドには、2019年に欧州委員会がグラスゴーを英国のトップ文化・創造都市として指名したことで反映された、好奇心旺盛な文化人らに提供するためのものがまだ多くあります。

グラスゴーの先駆者である建築家チャールズ・マッキントッシュの再建された家、ケルヴィングローブ美術館・博物館の見事な建築物、ハイパーモダンなリバーサイド博物館など、見どころを探索する夢を見てみましょう。

7
グラスゴー

8. スマッシュなスポーツ; カーディフのように、ラネリを愛する

カーディフは試合の日には、首都のプリンシパリティ・スタジアム(Principality Stadium)で最もスリリングな世界ラグビーがプレーされていますが、ウェールズの豊かなスポーツ文化をより広く体験するには、ラグビー・ユニオン・チーム、スカーレットの本拠地を訪れることを計画してみてはいかがでしょうか。カーマーセンシャーの町ラネリでプレーするパーク・イ・スカーレッツのスタジアムは、多くのスポーツファンにとって聖地であり、町は静かな周囲の田園地帯を楽しむための拠点となっています。

ウェールズを散策しながら足を伸ばしてみませんか?ミレニアム・コーストラル・パス(Millennium Coastal Path)に沿ってサイクリングを計画したり、近くにある英国最大の屋内パッティング・グリーンがあるマチニス・ゴルフ・アカデミー(Machynys Golf Academy and Driving Range)でパットを打ったりしてみてはいかがでしょうか。

8
ラネリ
30 Sep 2020(last updated)

Related articles