イギリスの自然の驚異

古代から続く壮大な地を訪れて、イギリスを代表する景観を堪能してください。

 

1. ザ・ニードルズ(ワイト島、イングランド)

ワイト島西海岸から突き出たこの3つの白亜ののこぎり岩は、かつては島の岬の一部でしたが、時間の経過とともに浸食が進み、海岸線から分離しました。イギリスへの侵入を防ぐために造られたヴィクトリア時代の要塞ニードルズ砲台跡(www.nationaltrust.org.uk)からの眺めが最高です。晴れた日には、光り輝く白い石、青く波立つ海、果てしなく広がる空の美しいコントラストが楽しめます。

ご存知でしたか?

ずんぐりとした形の岩はどれも、特に針(ニードル)のようには見えません。かつてここにそびえ立っていたものの、1764年の嵐で海に崩落した2本の岩が針のような形であったことから、この名が付けられました。

View of the Needles off the Isle of Wight
The Needles, off the Isle of Wight ©VisitBritain / Jason Hawkes

 

2. マラム・コーブ(北ヨークシャー、イングランド)

マラム・コーブ(www.malhamdale.com)は高さ80メートルの断崖からなる湾曲した岩山で、最終氷期の終わりに溶けだした水によって形成されました。崖の頂には氷河の後退で削り取られて出来上がった石灰岩の歩道があり、粗く加工した厚板を規則的に並べたような不思議な形状が特徴となっています。歩道からはヨークシャーの素晴らしい景観を一望でき、散策にぴったりのエリアです。

ご存知でしたか?

マラム・コーブは、『ハリー・ポッターと死の秘宝‐パート1』に登場します。

 

3. ジュラシック・コースト(東デヴォンおよびドーセット、イングランド)

ドーセット・東デヴォン海岸はジュラシック・コースト(jurassiccoast.org)としても知られ、世界「自然」遺産に登録された最初の地です。東デヴォンからドーセットまでの見事な海岸線は、全長95マイルに及びます。崖の露出した地層からは、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀に及ぶ地質学的な「時の流れをほぼ切れ目なく辿る」ことができ、この海岸を特別な存在にしています。地球の1億8,500万年の歴史を閉じ込めたタイムカプセルなのです。崖の頂にある小道を歩けば、ラルワース近くの石灰岩の大きなアーチ、ダードル・ドアをはじめ、イングランドで最も壮大な地質の名所を眺めることができます。

ご存知でしたか?

スティーヴン・フライとジュード・ロウが出演したオスカー・ワイルドの伝記映画『ワイルド』のシーンがここで撮影されました。

People coasteering at the Durdle Door limestone rock arch on the Dorset Jurassic coastline
Coasteering at the Durdle Door limestone rock arch on the Jurassic coast, Dorset ©VisitBritain / Ben Selway

 

4. チェダー渓谷(サマセット、イングランド)

イギリス最大のチェダー渓谷(www.cheddargorge.co.uk)は、雪解け水が起こした100万年以上前の洪水が、サマセットの地を削りとることで形成されました。洪水のあとには、この地を2つに切り裂くような急斜面の壮大な渓谷が残されました。渓谷を訪れ、崖の頂を散策し、ロッククライミングを楽しみ、奇妙で不思議な岩が織りなす形状や地下川がある洞窟を見学してみませんか。

ご存知でしたか?

この渓谷の洞窟のひとつから、チェダーマンと呼ばれる、イギリス最古の人骨が完全な形で発見されました。

View of the sun breaking through the clouds at Cheddar Gorge in the Mendip Hills
Sun breaking through the clouds at Cheddar Gorge in the Mendip Hills, Somerset, England. ©VisitBritain / Stephen Spraggon

 

5. セブン・シスターズ・クリフ(サセックス、イングランド)

イングランド南部に広がる白亜の断崖は、島国イギリスを代表する景観であり、その輝かしい歴史の象徴です。中でも圧巻なのは、サセックス自然保護海岸(Sussex Heritage Coast)沿いにあるセブン・シスターズ(www.sevensisters.org.uk )です。断崖全景のパノラマをご覧いただけるシーフォード岬に行き、その優美な景観をご堪能ください。白亜の断崖は、記憶の及ぶ限り遥か昔から、その荘厳な美しさで侵略者を撃退し、疲れ果てたイギリスの船乗りたちを温かく迎え入れてきたのです。

ご存知でしたか?

この断崖は映画『ロビンフッド』に登場しました。

 

6.ブリマム・ロックス(北ヨークシャー、イングランド)

この絶妙なバランスで立つ岩々(www.nationaltrust.org.uk)は、何世紀にもわたり訪れた人々を魅了してきました。何千年もかけて浸食したミルストーン・グリットにより形作られた様々な形状の岩は、(おそらく)それぞれの形を表す名前が付けられています。番犬、スフィンクス、カメ、踊るクマ、ラクダなどの岩を探してみてください。ブリマム・ロックスはナショナルトラストが運営し、年間を通じて一般公開されています。

ご存知でしたか?

この自然に形作られた岩々をみた昔の人々は、古代ケルト族が信仰したドルイド教の祭司による彫刻だと考えていました。

 

7. ジャアンツ・コーズウェー(アントリム州、北アイルランド)

ジャイアンツ・コーズウェー(www.nationaltrust.org.uk)は、北アイルランドのごつごつと岩が並ぶアントリム海岸沿いにある玄武岩の断崖の麓にあります。海に突き出した約4万本の黒い玄武岩の柱がびっしりと連なるこの興味深い岩の構造物は、現在ユネスコの世界遺産に登録されています。多角形の柱は、まるで人の手・・・もしかしたら巨人の手で造られたかのように、不思議なほど整然と並んでいます。

ご存知でしたか?

伝説では、アイルランドの巨人フィン・マクールがスコットランドの宿敵ベナンドナーと戦うべく、このコーズウェー(石路)を築いてアイルランド海を渡ろうとしたとされています。

View out to sea at The Giant's Causeway in County Antrim, Northern Ireland
The Giant's Causeway, Northern Ireland, is the result of an ancient volcanic eruption ©VisitBritain / Craig Easton

 

8. フィンガルの洞窟(スタファ島、スコットランド)

フィガルの洞窟は、ジャイアンツ・コーズウェーからアイルランド海を渡った、インナー・ヘブリディーズ諸島に属するスタファ島(www.visitscotland.com)にある海の洞窟です。コーズウェーと同じ古代の溶岩流の一部が形成した洞窟で、何百年もの間、芸術家や小説家の創作意欲を刺激してきました。ウォルター・スコット卿は「筆舌に尽くしがたい」と評し、作曲家フェリックス・メンデルスゾーンは、洞窟の周りに水がぶつかる音が作り出す不思議な反響音を聞いて、『ヘブリディーズ諸島』を作曲しました。本島からスタファ島へは、ボードで渡ることができます(www.staffatours.com)。

ご存知でしたか?

フィンガルの洞窟はゲール語では「Uamh-Binn」と言い、「旋律の洞窟」を意味します。

 

9. トロッターニッシュ半島(スカイ島、スコットランド)

スカイ島( www.skye.co.uk)最北端に位置するこの半島は、壮大な地質構造をその特徴としています。東海岸の道を辿れば、クイアングの地滑り跡で、『ロード・オブ・ザ・リング』の作者トールキンの作品に出てきそうな尖った風変わりな岩や、高さ49メートルの玄武岩の柱「オールド・マン・オブ・ストー」を見ることができます。「愛しのチャールズ王子」として知られるチャールズ・エドワード・ステュアートが、1746年のカロデンの戦いの後に政府軍から逃れて身を潜めたのがこの地です。

ご存知でしたか? 

トロッターニッシュ半島には、六角形の玄武岩でできた断崖キルト・ロックもあります。この名称は、スコットランドの民族衣装に似ていることに由来しています。

The Storr is a rocky outcrop on the Trotternish peninsula of the Isle of Skye.
The Storr is a rocky outcrop on the Trotternish peninsula of the Isle of Skye ©VisitBritain / Adam Burton

 

10. グリデル・ヴァックとグリデル・ヴァイル(スノードニア、北ウェールズ)

叙事詩的で岩だらけの景観が果てしなく広がるこの地において、特に印象的なのがこの2つの山です。グリデル・ヴァック(994メートル)の山頂は、不安定なバランスを保ちながら空に突き出てそびえる有名な厚い板状の岩で覆われており、登山客に人気の撮影スポットとなっています。グリデル・ヴァイル(1,001メートル)の岩だらけの頂上には、凍結で粉砕した尖った岩が斜めに突き刺さったように散らばっており、古代の墓石のようにも見えます。

ご存知でしたか?

スノードニア国立公園(www.eryri-npa.gov.uk)には、イングランドとウェールズの最高峰であるスノードン山(www.visitsnowdonia.info)もあります。