プライベートな高級宿泊施設ベスト6

Monday 30 October 2017

美しいホテルから魅力的な城まで、プライベートな高級宿泊施設ベスト6。日常のわずらわしさから逃れてここに挙げるラグジュアリーな隠れ家ホテルに滞在し、王様のような贅沢をしてみましょう。スイートルームやお城ホテル、島を貸し切ってして泊まることだってできるのです! 

公爵夫人のお誕生日にいったい何をプレゼントしたらいいのでしょう? よく知られているように、1月9日に誕生日を迎えるケンブリッジ公爵夫人と夫であるウィリアム王子は、カントリーサイドでのんびり過ごすことがこの上なくお好きです。イギリスには日常生活を抜け出すのにぴったりの場所が豊富にあるので、プライベートな高級ホテルで誕生日の週末をゴージャスに過ごしてみてはいかがでしょう? 日常のわずらわしさから逃れてラグジュアリーな隠れ家ホテルに滞在し、王様のような贅沢をしてみましょう。スイートルームやお城ホテル、島を貸し切って泊まることだってできるのです!

ザ・シャングリ・ラ スイート(ザ・シャード、ロンドン)
ロンドンの象徴のひとつでもあるシャード。その39階にあるシャングリ・ラ・ホテルのこのスイートからの眺めにはうっとりしてしまいますが、室内にも楽しめることがあるのです。スイートルームはひと部屋だけで使うこともできるし、隣の部屋と合わせて居間スペースをロンドンのスイートルームとしては最大規模の232平方メートルにして使うこともできます。スイートルームのインテリアは洗練されていて上品なものばかり。寝室に続くバスルームにはスチームシャワーやジャグジーバスが備わり、他にラウンジスペース、10人までの食事が可能なダイニングルーム、プライベートな書斎もあります。望遠鏡や双眼鏡も用意されているので、天井から床までの大きな窓からテート・モダン、セント・ポール寺院、タワーブリッジ、テムズ川など、有名な建物やランドマークの眺めを楽しむことができます。

バー・アイランド・ホテル(イングランド南西部、デボン)
バー・アイランド・ホテルは、そこに行くこと自体が冒険です! イングランド南西部デボンにあるこのホテルはその名のとおり島に建っており、その砂浜は潮の干満の影響を受けるのです。ですから満潮時にホテルに向かうには、波の上を移動できるよう独自に開発されたシー・トラクターを使うしかありません。ヨーロッパでも有数の美しいアールデコ洋式で作られたホテルはそれ自体が歴史的建造物ですが、もっとひっそりした滞在をお望みなら、本館ではなくビーチハウスがおすすめです。このビーチハウスはもともと著名な推理作家アガサ・クリスティーの隠れ家として設計されたもので、クリスティーはここで小説を2冊書き上げました。プライベートのサンデッキが用意されたビーチハウスからはパノラマの海の景色が楽しめます。もっとプライバシーを確保したいようなら、島全体を貸し切りにしてしまいましょう。最高50名まで貸し切りにできます。

ロック・カースル(ウェールズ、ペンブロークシャー)
ウェールズには600以上の城があり、1平方メートルあたりで計算すると世界一ということになります。そのうちのひとつに泊まってみたいと思いませんか? ウェールズ中部のペンブロークシャーにあるロック・カースルという美しい城はいかがでしょう? 1195年に最初に築かれたこの城には、ノルマン人の騎士たちが集い、イングランド内戦では王党派の砦になったという長い歴史がありました。その後200年近く取り残されていましたが、現在では高級ホテルに生まれ変わり、12名までのラグジュアリーな貸し切り宿泊も行っています。豪華な6室からお好きな部屋を選びましょう。すべてバスルームがついており、どの部屋からもペンブロークシャーのカントリーサイドや海岸の美しいパノラマの景色が眺められ、ユニークな英国美術のコレクションも楽しめます。カーディフからは車で約2時間の距離です。

オーシー・アイランド(イングランド南東部、エセックス)
ホテルに泊まるよりも、いっそ島を貸し切りにしてしまいませんか? エセックスのブラックウォーター川河口に位置するオーシー・アイランドは、プライベートな高級リゾート島。1日4時間の干潮時にだけ河口から現れる長さ1マイルの道から入島します。面積380エーカーの島内に広がるカントリーサイド、美しい村や4マイル続く美しい海岸は、あなたを別世界へと誘ってくれます。海水プールで泳いだり、レンタサイクルで島内を走り回ったりしてみましょう。ロンドン中心部から北東に車で2時間という意外な近さも魅力です。宿泊施設は20名まで泊まれる荘厳なマナーハウスから2名用のユニークなコテージまで、いろいろ選ぶことができます。

ベル・アイル・カースル・アンド・プライベート・アイランド(北アイルランド)
ベル・アイルの8つの島は、北アイルランド、フェマーナ郡にあるアーン湖の静かな水辺にひっそりと浮かんでいます。ベルファストからは車で約2時間という距離。17世紀にカントリーハウスとして建てられたベル・アイル・カースルは、中でもいちばん大きな島にあります。しっかり厚い石壁と重厚な木製のドアでできたこの壮麗な城は、貸し切り専用。昼間に釣りや狩猟などをたっぷり楽しんだ後は、吟遊詩人の間で奏でられる生の音楽を聴きながらバンケットホールでディナーをご堪能ください。

スピットバンク・フォート(南イングランド、ソレント)
厚さ4メートル以上もある花崗岩の壁と防弾板に囲まれたスピットバンク・フォートは、プライバシーを守るには完璧です。イギリス本土とワイト島を隔てる南イングランドのソレント海峡にあるこのユニークな建物は、フランス軍の侵略に備えて1860年代に周辺に建設された要塞のひとつでした。今では貸し切りもできるラグジュアリーな隠れ家ホテルに生まれ変わり、客室8室のほか、屋上に焚き火台、サウナ、ホットタブを備えています。もちろん目の前にはパノラマの海の景色が広がっています。

ジ・アイランド(イングランド南西部、コーンウォール、ニューキー)
ジ・アイランドと世の中をつなぐのはプライベートの吊り橋だけ。橋の向こうには、潮の干満によって白い砂か青い海が広がるだけです。コーンウォール北部の海岸沿いに位置するニューキーにはバースから車で3時間ほど。ひっそり佇む小さな島の自炊式のコテージには寝室が3つあり、人気の高いトーワン海岸を見渡すことができます。景色は息をのむほど美しく、設備はスタイリッシュな最新式。ロマンチックなマスター・スイートには天蓋ベッド、ゆったりした居間のスペース、そして薪をくべるストーブ2台も用意されています。日が暮れたら、プライベート・ガーデンの静かな場所から眼下で砕ける波を眺めて過ごしましょう。

For more information contact:

VisitBritain Media Team

pressandpr@visitbritain.com

Assets to download

Download images in this article

Visit website

Download PDF version of this article

Belle Isle
The Island
The Shard London
Spitbank Fort a fortress on the Solent
Roch Castle, Pembrokeshire, Wales
Roch Castle, Pembrokeshire
Roch Castle in the Moonlight
Burgh Island
Pink Skies over Roch Castle, Pembrokeshire