パディントンの英国グマになるためのエチケットガイド

Thursday 05 October 2017

ルーシーおばさんとパストゥーゾおじさんに育てられたパディントンは、とても礼儀正しく、お行儀のいいクマです。ここでは、英国式エチケットに磨きをかけたい人のためにに、パディントンがアドバイスしてくれそうなマナーをいくつかご紹介します。

お行儀

Paddington Sat on a suitcase with a cup of tea

パディントンは礼儀正しいことで有名ですが、これは大人も子どももぜひ見習うべきです。人に会った時には、礼儀正しくふるまって問題を起こさないようにしましょう。

  • 「お願いします」と「ありがとう」を忘れずに必ず言いましょう
  • マーマレード・サンドイッチを食べる時には、必ず自分より先に他の人にすすめましょう
  • 知らない人には「ごきげんよう」と言っておけば間違いありません
  • 知らない人は「あなたさま」と呼びかけるのが無難です。特にその人の名前が読めない時には!

 

会話の話題

 

Paddington Bear with his suitcase waving

英国では、天気の話はとても良い話題とされています。地元の人と話をする時には、変わりやすい降水量の話から入れば間違いありません。会話に役に立ちそうなフレーズをいくつかご紹介しましょう。
「今日は傘の使いがいがありますね」
「土砂降りですね」
「アヒルが喜びそうな雨ですね」

アフタヌーンティーのエチケット

Afternoon Tea with London's Tower Bridge as back drop. - ©VisitBritain, Team London Bridge, Mickey Lee Photography
Afternoon Tea with London's Tower Bridge. Image credited to ©VisitBritain, Team London Bridge, Mickey Lee Photography

今では娯楽というよりすっかり名物となったアフタヌーンティーは、午後を優雅に過ごすすてきな方法です。こういう場では、しっかり守らなければいけない礼儀作法もあります。トラブルを避けるため、以下のようなことに気をつけましょう。

 

  • ティーポットの注ぎ口からお茶を飲んではいけません。これはとてもお行儀が悪いことです
  • スコーンについたクリームをなめてはいけません。これもお行儀が悪いのです
  • キュウリのサンドイッチを口に入れたまま話すのもいけません
  • マナーがなっていない人がいたら、ぐっとにらみつけるのがいちばんの解決策です
  • アフタヌーンティーにケチャップを使うのはもってのほかです

Latest Blogs

旅行好きなクマにおすすめの列車の旅

A Steam train travelling through the British countryside
旅行好きなクマにおすすめの列車の旅

パディントンの英国風マーマレードの作り方

Paddington’s guide to making marmalade the British way
パディントンの英国風マーマレードの作り方

パディントンの英国グマになるためのエチケットガイド

Afternoon tea in front of Tower Bridge, London
パディントンの英国グマになるためのエチケットガイド

英国で一番幽霊が出ると言われるホテルに泊まる勇気はありますか?

Mermaid Inn, Rye
英国で一番幽霊が出ると言われるホテルに泊まる勇気はありますか?

若し勇気がおありなら、英国にある6つの恐ろしい納骨堂や墓地を訪れてみませんか?

Arnos Vale Cemetery, Bristol
若し勇気がおありなら、英国にある6つの恐ろしい納骨堂や墓地を訪れてみませんか?