英国でパンケーキ お薦めレストラン7選

Wednesday 24 January 2018

もうすぐパンケーキ・デーがやってきます。フライパンの準備はできていますか? 正式にはシュローブ・チューズデー(懺悔の火曜日)と呼ばれイースター・マンデーの47日前で、今年2018年は2月13日にあたります。

お薦めパンケーキ店・ロンドン編

『Where the pancakes are(ウェア・ザ・パンケークス・アー)』サザック地区、ロンドン

Stack of pancakes on a plate at the pancake parlour: Where the Pancakes are, Flat Iron Square, London, Credit: Jade Nina Sarkhel
Where the Pancakes are, Flat Iron Square, London, Credit: Jade Nina Sarkhel

伝統とは一味違ったプレートを提供するパンケーキ専門店『Where the pancakes are(ウェア・ザ・パンケークス・アー)』は今年、調味料ブランド『Rubies in the Rubble(ルビーズ・イン・ザ・ラブル)』とコラボし、フードロス(食品廃棄)の削減に貢献しています。四旬節(レント)の絶食期間前に家庭にある贅沢品を使い切ることから始まったと言われるシュローブ・チューズデーの由来に合わせ、売れ残った果物を使って調理する「The Thoughtful Blueberry」と「 The Thoughtful Banana」の特別メニューを作りました。

昨年、この店のパンケーキ「Dutch Baby」がタイムアウト誌「ロンドンで食べたいメニュー100選」の43位に選ばれました。

『ザ・ブレックファスト・クラブ』ロンドン、ブライトン、オックスフォード

『ザ・ブレックファスト・クラブ』は昨年、なんと92万8千枚以上のパンケーキを売り上げました。積み重ねればロンドン超高層ビル「ザ・シャード」30層分の高さに相当するとか。人気の証拠といえるでしょう。「ソーセージ、卵、自家製フライドポテト添え」など、変わり者のパンケーキが多数用意されています。甘いものをお好みの方は「塩キャラメル・バナナ・トフィー・パンケーキ」をお薦めします。ロンドン、オックスフォードブライトンにチェーン店があります。

 

『マイ・オールド・ダッチ・パンケーキ・ハウス』ケンジントン、ホルボーン、チェルシー

お手頃価格でパンケーキを食したい方にお薦めのレストラン『マイ・オールド・ダッチ・パンケーキ・ハウス』。1958年オープン以来ロンドンでおいしいパンケーキを提供していますから、パンケーキのプロフェッショナルと呼んで間違いないでしょう。フレンドリーでリラックスできるこの店のメニューは豊富で、甘党の方もそうでない方も気にいるでしょう。お薦めはふわっとしたパンケーキにペパロニ、チョリソ、チーズ、赤唐辛子、トマトソースが載った「Hot Dutch」です。『マイ・オールド・ダッチ・パンケーキ・ハウス』はロンドンのケンジントン、ホルボーン、チェルシーにあります。
 

お薦めパンケーキ店・英国北部編 

『The Greedy Pig Kitchen(ザ・グリーディー・ピッグ・キッチン)』、リーズ

 

A post shared by Jo & Stu (@thegreedypigkitchen) on

甘いもの好きもおかず派も満足できる店『ザ・グリーディー・ピッグ・キッチン』。ベーコンとメープルシロップ添えふわふわパンケーキは塩気と甘みのマッチングの意外さが魅力的です。少し変わったトッピングに鶏肉もあります。
 

『ムース・コーヒー』、マンチェスター、リバプール

 

A post shared by Moose Coffee (@moosecoffee) on

ムース・コーヒーは、アメリカの朝食・ブランチ文化に魅了されたオーナーが2006年にオープンしました。ゆったりとした店内で、アメリカやカナダで楽しめるようなおいしい朝食を体験できます。リバプールとマンチェスターにあるこの店はどちらも素敵なインテリア。お腹を空かせて来店することをお薦めします。甘くないパンケーキをお好みの方には3種チーズを使った自家製パンケーキ「Caboose」を、甘党の方はバターミルク・パンケーキをどうぞ。
 

お薦めパンケーキ店・ウェールズ編

『ココ・ジェラート』、カーディフ

 

A post shared by Coco Gelato (@cocogelatouk) on

メニューの品数が豊富で甘いものに目がない人には天国のようなカフェでしょう。オートミールとトフィソースの「Flippin Oatalicious」、ヘーゼルナッツが効いた「The Spoilt Ambassador」をお薦めします。甘いものはどうも、という方もご心配なく。ココ・ジェラートはモッツァレラチーズとサンドライトマトのパンケーキ「It ain’t easy being cheesy」やタンドリーチキンととろけるチーズのパンケーキ「ザ・マハラジャ」などがあります。
 

お薦めパンケーキ店・スコットランド編

『カフェ・ストレンジ・ブリュー』、グラスゴー

 

A post shared by @cafe_strange_brew on

グラスゴーのショーランズ地区にある『カフェ・ストレンジ・ブリュー』はインディペンデント系と呼ばれる個人経営店。彼らが発信しているインスタ画像にはオリジナルのレシピによる美味しそうなプレートが勢ぞろいしています。お薦めは「洋ナシ・カルダモン・サフラン・パンケーキ」と「ルバーブ・クランブルのカスタードクリーム添え」。美味しそうですね! この店はペット同伴可ですからパンケーキ・デーに犬用パンケーキが登場するかも?

 

自作パンケーキに挑戦

料理好きな方はゆっくりとくつろげるご家庭でパンケーキを楽しんでみては。レシピはこちらです。私たちお気に入りのトッピングは以下です。

 - レモンと粉砂糖

 - ヌテラ(ヘーゼルナッツチョコレートスプレッド)とバナナまたはストロベリー

 - ベーコンとメープルシロップ

 - ベリーのコンポート

 

パンケーキを食べるのはどうも…という方、障害者にリハビリを提供する慈善団体「リハブ」主催のチャリティーイベント「国会パンケーキ・レース」を見学してみてはいかがでしょうか。国会議事堂前のビクトリア・タワー・ガーデンズで行われ、国会議員たちやメディア関係者らがフライパン手にパンケーキをひっくり返しながら速さを競う毎年恒例の行事です。

 

ロンドン市内のあらゆる場所でもパンケーキ・レースが開催されます。一般参加も可能です。レース後無料でパンケーキにありつける可能性も…?

Latest Blogs

最高にロマンティックな英国ホテル10選

The witchery
最高にロマンティックな英国ホテル10選

ロイヤル気分でショッピング

Illustrations of Royal Warrant Holders
ロイヤル気分でショッピング

ロイヤルな英国&アクティビティ・マップ

ロイヤルな英国&アクティビティ・マップ

ロイヤル・ウィンザー旅行プラン&マップ

A map of royal things to do in Windsor
ロイヤル・ウィンザー旅行プラン&マップ

ロンドンでロイヤル気分を満喫!

An illustration of Royal London
ロンドンでロイヤル気分を満喫!