15ポンド以下で過ごす、ロンドンでの一日

15ポンド以下で過ごす、ロンドンでの一日

限られた予算で楽しめる日帰り旅行

ロンドンのような場所は、世界中のどこにもありません。物価の高い所といううわさはあるかもしれませんが、無料アトラクションやイベントが豊富にあるので、少ない予算でも一日を過ごすことはそれほど難しくありません。

食べ物 (Food)

まず第一に食事です。これなしでは一日を過ごせません。もちろん、全予算を外食に費やすことはしたくありません。では、どこで安く食べられるのでしょうか? Cha Cha Moonは、お財布に優しい、最高のレストランです。台湾、ペナン、シンガポール料理が、なんと3.5ポンドから味わえます!最も高い料理でも5.5ポンドで、量も少なくはありません。Cheap eatsページをチェックして、予算内での外食のアイデアを膨らませましょう。
合計費用: £5.50

 

景色を観る(See the sights)

街歩き

ロンドンを歩き回るのは、景色を見たり、交通費を節約するのに最適な方法です。裏通りを通ると、隠れたお宝を見つけることができるはずです。ウェストエンドウォーク:ピカデリーサーカスを出発して有名なレスター・スクエアを通り抜け、途中にあるチャイナタウンを見物します。レスター・スクエアの南端から、南へ歩き続けると、国立肖像画美術館、国立美術館やトラファルガー広場にたどり着きます。ストランド通りやヴィリヤーズ通りを歩いて行くと、ヴィクトリア堤やテムズ川へ出ます。ハンガーフォード橋の歩道橋で川を渡って、サウスバンクに到着です。ここからは、ロンドンアイ、ビッグベン、国会議事堂を見ることができます。サウスバンク沿いに東へ歩くと、ロイヤル・フェスティバルホール、テートモダン、ミレニアム橋、セント・ポール大聖堂を通り過ぎ、壮大なタワーブリッジへ行く途中に、他の素晴らしい象徴的な場所の数々を観ることができます。
合計費用: £0

バスに乗る

ロンドンには、オープントップの観光バスが実に多く走っています。しかし、たった2ポンドで同じ景色を楽しめるのに、なぜ20ポンド以上も払ってチケットを手に入れるのでしょうか?11番線バスは、ロンドン市の北東の角にあるリバプール通りから出発し、ロンドン南西部のフルハム大通りが終点となっています。オイスター・カード( Oyster Card )を使ってバスに乗るなら片道1.2ポンドです)を持ってバスに乗り込み、バスの2階座席に座れば、セント・ポール大聖堂、フリート街、ストランド通り、トラファルガー広場、ビッグベン、国会議事堂、バッキンガム宮殿、キングスロードなど、ロンドンの最も有名な景色の中をたちまち通り過ぎていきます。
合計費用: £2

 

眺め

ロンドンの素晴らしい景色を眺める方法は、ロンドンアイだけではありません。さらに、一番安い方法でもないことも確かです!グリニッジ公園、プリムローズヒル(リージェンツパーク付近)、パーラメントヒル(ハムステッド・ヒース)へ向かって、有名なパノラマにうっとりしましょう。カナリーウォーフ、BTタワー、ビッグベン、もちろんロンドンアイといった有名な名所を注意して探しましょう。
合計費用: £0

アトラクション&イベント(Attractions & events)

公園

ロンドンには、8ヶ所の国立公園( Royal Parks )がありますが、その全てには、1年中無料で訪れることができます。ピクニックへ友達と出かけて、リージェンツパークで日光浴をして過ごしたり、ケンジントン公園の王室の建物を探してみたり、リッチモンド公園やブッシー公園でシカを観察してみてはいかがでしょうか。公園についての詳しい情報は、国立公園のウェブサイトをご覧ください。
合計費用: £0

 

マーケット

さて、ショッピングは財布にうれしいアクティビティでは決してありませんが、ロンドンマーケットは実にすばらしい雰囲気なので、何も買う必要がないくらいです。カムデンマーケット、ポートベロマーケット、グリニッジマーケットは毎週土曜日開催で、スピタルフィールズ・マーケットは、日曜日に開かれます。屋台を見ながらぶらぶらと歩けばすぐに何時間も過ぎてしまいます。ヴィンテージの服、手作りのジュエリーやアンティークなど、なんでも揃っています。ただし、本当に欲しいものがあったら、まず安いかどうかを確認してください!
合計費用: £0 (願わくば!)

衛兵交代

王室の文化を旅に取り入れるために、バッキンガム宮殿で無料で行われる Changing the Guard  のセレモニーを見てみましょう。新しい衛兵が、古い衛兵の任務を引き継ぐという儀式で、5月から7月の間は毎朝11時半に行われ、その他の期間は、隔日で行われます。.
合計費用: £0

 

博物館&美術館

ロンドンには300ケ所以上もの博物館や美術館があり、しかもその多くが無料です!V&A、自然史博物館、科学博物館、テートブリテン、テートモダン、大英博物館など、その他多くの美術館で魅力的なコレクションを見て回りながら何時間も過ごしてみてはいかがでしょう。
合計費用: £0

キーセレモニー

時間に余裕がある旅を計画したなら、キーセレモニーを見るチケットを入手してみませんか?この古くからあるセレモニーは、ロンドンタワーの伝統的な錠締めの式で、少なくとも700年間続き、一度も中止になることなく、毎晩夜の9時半に行われてきました。チケットは無料ですが、人気の行事のため、入手の際は正しい手続きが必要です。さらに詳しい情報については、 Tower of London をご覧ください。
合計費用: £0

プリンス・チャールズ・シネマ

たとえ予算が少なくても、ロンドンの有名なウェストエンドで夜を楽しむことはできます。レスター広場にあるプリンス・チャールズ・シネマ(Prince Charles Cinema )では、夕方や週末には6.5ポンドから、素晴らしい映画を観ることができます。(昼間なら5.5ポンドです!) 
合計費用: £6.50

 

Cheap and Free Britain ページを訪れて、無料の見どころやアクティビティのアイデアを膨らませましょう。

合計費用: £14


割引情報お買い得情報

出発前に購入、時間もお金もセイヴィング!

イギリス旅行に必要な、ロンドン市内の各種交通カード、鉄道パス、アトラクション入場パスなどの商品を取り揃えております。

すべての商品を見る
ビジター・オイスター・カード (London Visitor...

ペイ•アズ・ユーゴーのスマート・カードは、ロンドン公共交通機関で使える専用ICカードです。 旅行時の必需品!

ビジター・オイスター・カード (London Visitor...
¥4400
ロンドン・トラベルカード (London Travelcard)

ロンドン市内の地下鉄、バス及び一部の鉄道に乗り放題の便利なカードです。

ロンドン・トラベルカード (London Travelcard)
¥1720
格安旅行
  • Things to do
    • Tate Liverpool Source:© e-peps (Flickr)
      無料の博物館と美術館

      イギリス最大規模の博物館、美術館、国の所蔵品の多くが無料で見られることを知っていますか? スコットランドからサウスコーストまで、無料で見られる素晴らしい博物館や美術館が数多く皆さんの訪問を待っています。中でも一押しをご紹介します。

    • Tower of London
      Tower of London

      Built on the Thames by William the Conqueror in 1078, the Tower of London is a magnificent example of Norman military architecture that has...

    • View towards Steel Rigg from Hadrian's Wall in Northumbria, Hadrian's Wall, near Haltwhistle, Northumberland, England © Britainonview.com / Rod Edwards
      ハドリアヌスの長城

      この世界遺産は2世紀当時最大規模となったローマ帝国の境界線である。

    • Dinosaur at the Natural History Museum Source:s3k
      英国自然史博物館

      英国自然史博物館では、世界で最も貴重で驚くべき自然界の所蔵品を展示しています。建物に入ると、巨大なブロントサウルスのスケルトンを再現したものを目の当たりにします!

    • Blackpool Sands beach Source:stephen jones
      Family beaches

      Britain's coastline stretches for over 9,000 miles and is covered by beautiful beaches and bays where you'll find everything from old-fashioned...

  • 宿泊施設
    • YHA hostel in Hartington, Derbyshire Source:JR P
      ホステル

      ホステルは低料金の旅行者思いの宿泊施設です。一般に、個人、カップル、団体向けの個室や相部屋があります。ほとんどは自炊式ですが、中には暖かい料理や軽食を出してくれるところもあります。
       

    • Campus accommodation Source:borman818
      大学の宿泊施設

      学生は倹約家で有名なもの。それなら彼らの真似をして大学の宿泊施設に泊まってみてはいかがですか?安くて立地も良好な大学の寮は実にいい選択です。

    • Incleborough House Bed and Breakfast in East Runton, Norfolk © Britainonview / Rod Edwards
      B&Bに泊まる

      家族経営のB&Bに泊まって、英国の本当のライフスタイルを体験しよう。アットホームな雰囲気の中で味わう家庭料理は、旅の忘れられない思い出となるだろう。

    • Camping at Great Langdale Source:Wesley Bowler
      イギリスのキャンプ場 トップ10

      イギリスのキャンプ場 トップ10

    • Self-Catering accommodation
      自炊設備付き宿泊施設

      もう一つの我が家をお探しなら自炊式アパートはいかがですか。自宅にいるような快適さに加え、プライバシーも十分守られ、しかも、そこは大好きな観光地。

  • レストラン情報
    • Cosy interior Cafe Rouge restaurant Source:Copyright Sergey Shpakovsky
      Cheap eats

      世界中の料理を出すレストラン、伝統メニューのある居心地の良いパブ、最先端の料理の中でも最高のものを提供する洗練された飲食店など、イギリスにはすべて揃っています。そして予算内で味わうことができるのです!

    • Cappuccino at Carluccio's Source:© CharmeleonGreen, Flickr
      ミシュランスター・シェフをお手頃価格で

      Treat yourself when you come to Britain - eat at a restaurant owned by a Michelin-starred celebrity chef....

    • Tayyabs restaurant Whitechapel, London Source:Copyright nzbuu
      イギリス一のカレー

      もとはインド、バングラデシュ、その近隣諸国中心でしたが、カレーは今やイギリスでも大人気で、国民食といってもいいほどです!イギリスには何千というカレーの店があります。中でも特にお勧めの店をご紹介しましょう。.

    • The Bell at Sapperton Source: (c) guettier
      ガストロパブ

      1991年、デビッド・エアとマイク・ベルベンは自分たちの店を開こうと決めました。レストランを開くだけの資金はなかったので、ロンドンのパブ「イーグル(The Eagle)」を買い取りました。