Britain on film - Culture - Things to do - VisitBritain.com

映画の中のイギリス

イギリスは、1つの壮大で華麗な映画の舞台です

Alnwick Castle, Northumberland

Alnwick Castle, Northumberland

Setjetters rejoice - イギリスは、1つの壮大で華麗な映画の舞台です。 これは本当です。映画制作者、出演者、そしてクルーが、素晴らしい名作をイギリスで撮影してきました。 以下は、イギリスをロケ地とした優れたイギリス映画のリストです。

1. ハリー・ポッター・シリーズ

皆の好きな10代の魔法使いが、イギリス中の様々な不思議な場所に登場します。 ロンドンのキングスクロス駅から列車に乗りましょう。ホグワーツ特急はこの駅のプラットフォーム9 ¾ から出発し、蒸気を上げながらグレンフィナン高架橋を通過しました。これはロンの空飛ぶフォード・アングリアが着地した橋でもあります。そしてロンドンのビクトリア朝様式の Leadenhall Market をチェックしましょう。ここには「リーキー・コールドロン」の入り口があります。 ホグワーツ魔法学校を見るためには、ほうきの柄をつかんで Alnwick Castle 、オックスフォードの Bodleian Library 、そして Durham Cathedral をチェックしてみましょう。 首都発の地域料理

2. ダ・ヴィンチ・コード

ロバート・ラングドン (トム・ハンクス) とソフィー・ヌヴー (オドレイ・トトゥ) を追って、ロンドンの壮大な歴史の中心から、テンプル騎士団の Temple Church Westminster Abbey を見て、映画の中で修道院の内装として使用された Lincoln Cathedral を訪れましょう。

3. ジェームズ・ボンド・シリーズ

ジェームズ・ボンドのロケ地については語りきれないほどですが、この上品なスパイに関わるいくつかの見逃せない場所をご紹介しましょう。 ニューフォレストのボリューにある National Motor Museum には、『私を愛したスパイ』の伝説的なサブマリン・ロータスを含む、世界最大級のボンドカー・コレクションがあり、またロンドンでは、『ゴールデンアイ』や『ワールド・イズ・ノット・イナフ』の両方に登場するMI6本部を見ることができます。 ボンドのようにスリル満点の乗り物に乗りたければ、高速線 London Rib Voyages でMI6の前を通過するのがお勧めです。

4. 高慢と偏見

ジェーン・オースティンの小説のこの豪華な脚色によって、ダービーシャー州、リンカンシャー州、そしてケント州の豪華なロケ地が生まれました。 キーラ・ナイトレイの演じたエリザベス・ベネットを追って、ダーシー卿 (マシュー・マクファディン) の邸宅として使われたダービーシャー州の Chatsworth House を訪れ、美しいピーク・ディストリクトを歩き、メリトン村の舞台となった、リンカンシャー州のジョージ王朝時代の町、 Stamford を発見しましょう。

5. ミス・ポター

ベアトリクス・ポターを魅了し、愛される子供向けの本にインスピレーションを与えた美しい Lake District の風景が、その人生を描いた映画『ミス・ポター』(レネー・ゼルウィガー主演)に登場します。 恋と別れを描いたこの作品に登場する風景は、主にイングランド北部で撮影されたもので、見る人の心を虜にすることでしょう。 ロケーションの完全リストは、 Miss Potter movie map をご覧ください。

6. 逢びき

このクラシックなラブストーリーのファンなら、ランカシャーの Carnforth Station にまだ存在するカフェを訪れましょう。トレバー・ハワードとセリア・ジョンソンはこのカフェで紅茶を飲みながら恋に落ちました。 このカフェは、最近改修を終えて、デヴィッド・リーンの映画の援助を受けて修復された世界で唯一のカフェとしてアピールしています。

7. フォー・ウェディング

この1992年のコメディ映画では、ヒュー・グラントと彼の友人たちが生活するロンドンと故郷の町が登場しました。 グリニッジの Royal Naval College や南岸のナショナル・フィルム・シアターなどのロンドンのロケ地に加えて、この映画はいくつかのイングランドの隠れた魅力を紹介しています。特にスミスフィールズの中世の教会 St Bartholomew the Great は息をのむ美しさです。

8. ブレイブハート

ハイランド地方のメル・ギブソンが辿った地で、「自由を!」と叫んでみましょう。 ブレイブハートの最高のロケ地を体験するには、ハイキング用ブーツを履くか、マウンテンバイクに乗って、 Glencoe 、グレン・ネビス (ヨーロッパで最も多湿な谷)、ロッホ・レーベン周辺に向かいましょう。どこもハイランド中心部、フォートウィリアムからさほど遠くありません。

9. クィーン

ダイアナ妃死後の女王陛下の日常を描いたこの作品によって、ヘレン・ミレンはオスカーを受賞し、いくつかのスコットランドの家屋が有名になりました。 Culzean Castle 、アバディーンシャーのフレイザー城、そして Balmoral の王室の邸宅では、王室の一員の気分になることができます。 荒涼とした素晴らしいグレンフェシー・エステート、そして最も有名な王室と政治的名所である London's もまた映画に登場します。

10. 英国王のスピーチ

吃音に悩む国王ジョージ6世 (コリン・ファース) の、この美しい感動的な物語は、イギリス中の多くの場所で撮影されました。 Ely Cathedral は、ウェストミンスター寺院を代役しました。 この映画には、1308年以来、戴冠式に使用されてきた14世紀の椅子、 Coronation Chair の精密なレプリカが登場します。これは現在、寺院のツアーで見ることができます。 イーリー自体も見る価値があります。周囲の沼沢地の上に印象的に高くそびえ、1322年に古い塔が倒壊したときに建てられた、珍しい八角形のランタンがあります。

イギリスで制作された映画、または以下の映画の詳細を知りたい場合は、無料の iphone movie app をダウンロードするか、または film site をチェックしてください。