体験 | 遺産 | 大邸宅

大邸宅

特権階級の生活を見てみましょう

Blenheim Palace Source:Chris Guise

Blenheim Palace

Chris Guise

昔々、大邸宅は、王族と地主階級の人々の独占的な特権でした。 それから数百年経った今、これらの壮観な田舎の邸宅は、素晴らしい休日を過ごす場所となっています。それぞれに、歴史、建築、および現代的な魅力のユニークな融合を発見することができます。

ハリウッドの魅力を垣間見ることができる大邸宅がご希望ですか?? ダービーシャー州のChatsworth Houseを訪れてみましょう。2005年の『高慢と偏見』の舞台となった、ダーシー卿のペンバリー館だと気づくかもしれません。 ここはまた、キーラ・ナイトレイ主演の『ある侯爵夫人の生涯』、アンソニー・ホプキンスとベニチオ・デル・トロ出演の『ウルフマン』の舞台にもなりました。 または、リンカンシャー州の美しいBurghley Houseは、『ダ・ヴィンチ・コード』でローマの一部として描かれました。

イングランドで最も偉大な園芸家、「ケイパビリティ」ブラウンの作品を観賞したいですか? Blenheim Palaceを旅程に入れておくのをお忘れなく。 世界遺産、そしてウィンストン・チャーチル卿の生誕地であるだけでなく、ここはまた、ブラウンの傑作と言われる809ヘクタール(2,000エーカー)を超える風景式庭園があります。

もう少し異国情緒を味わいたいなら、ウィルトシャー州のLongleatを訪れてみましょう。一般公開されている美しい大邸宅の敷地内に、イギリス初のサファリパークがあります。 これだけではありません。ベッドフォードシャー州のWoburn Abbeyにも独自のサファリパークがあります。

音楽も一緒にいかがですか? イギリスの大邸宅の多くは、素敵なコンサート会場にもなります。 たとえば、「ロックの大邸宅」としても知られるハートフォードシャー州のKnebworth House、またはAudley End HouseにはEnglish Heritage Picnic Concertsがあります。

イギリスには一般公開されている大邸宅は何百軒もあるので、選択に困ることはありません。 一番難しい決定は、どこから始めるかです。


割引情報お買い得情報

出発前に購入、時間もお金もセイヴィング!

イギリス旅行に必要な、ロンドン市内の各種交通カード、鉄道パス、アトラクション入場パスなどの商品を取り揃えております。

すべての商品を見る
ウィンザー城 (Windsor Castle)

エリザベス二世の公邸として知られる中世の面影を残すウィンザー城

ウィンザー城 (Windsor Castle)
¥3410
ブリットレイルGBフレキシー・パス (Britrail GB...

イングランド、スコットランド、ウェールズを列車で無制限に旅できるパスです

ブリットレイルGBフレキシー・パス (Britrail GB...
¥26600