体験 | 遺産 | 大邸宅

大邸宅

特権階級の生活を見てみましょう

Blenheim Palace Source:Chris Guise

Blenheim Palace

Chris Guise

昔々、大邸宅は、王族と地主階級の人々の独占的な特権でした。 それから数百年経った今、これらの壮観な田舎の邸宅は、素晴らしい休日を過ごす場所となっています。それぞれに、歴史、建築、および現代的な魅力のユニークな融合を発見することができます。

ハリウッドの魅力を垣間見ることができる大邸宅がご希望ですか?? ダービーシャー州の Chatsworth House を訪れてみましょう。2005年の『高慢と偏見』の舞台となった、ダーシー卿のペンバリー館だと気づくかもしれません。 ここはまた、キーラ・ナイトレイ主演の『ある侯爵夫人の生涯』、アンソニー・ホプキンスとベニチオ・デル・トロ出演の『ウルフマン』の舞台にもなりました。 または、リンカンシャー州の美しい Burghley House は、『ダ・ヴィンチ・コード』でローマの一部として描かれました。

イングランドで最も偉大な園芸家、「ケイパビリティ」ブラウンの作品を観賞したいですか? Blenheim Palace を旅程に入れておくのをお忘れなく。 世界遺産、そしてウィンストン・チャーチル卿の生誕地であるだけでなく、ここはまた、ブラウンの傑作と言われる809ヘクタール(2,000エーカー)を超える風景式庭園があります。

もう少し異国情緒を味わいたいなら、ウィルトシャー州の Longleat を訪れてみましょう。一般公開されている美しい大邸宅の敷地内に、イギリス初のサファリパークがあります。 これだけではありません。ベッドフォードシャー州の Woburn Abbey にも独自のサファリパークがあります。

音楽も一緒にいかがですか? イギリスの大邸宅の多くは、素敵なコンサート会場にもなります。 たとえば、「ロックの大邸宅」としても知られるハートフォードシャー州の Knebworth House 、または Audley End House には English Heritage Picnic Concerts があります。

イギリスには一般公開されている大邸宅は何百軒もあるので、選択に困ることはありません。 一番難しい決定は、どこから始めるかです。