英国のベスト・コーヒー・ハウス – 英国コーヒーの新しいスタイル

Wednesday 17 January 2018

英国人は紅茶をよく飲む印象が強いかもしれませんが、国内のあちこちでコーヒー文化も発展し続けています。

 

受賞歴のある焙煎業者やワールド・バリスタ・チャンピオン、倫理的な調達、自家製ロースト、完璧な抽出にこだわって醸し出された風味、エアロプレスや水出し法を使った「サードウェイブ・コーヒー」の味わいなど、チェーン店だけでないコーヒー文化がイギリスにも確かに存在するのです。

 

 

ブライトンスモール・バッチ・コーヒー・ロースターズ

20か国以上の農家から仕入れたアラビカ種の豆を自家製ローストしている家族経営のお店。地元コーヒー好きの間でも人気の高いスモール・バッチは、現在では8店舗を展開しており、クラシックなものから独自のブレンド、水出しコーヒーまで、あらゆるコーヒーを提供しています。

 

バース コロナ&スモールズ

英国バリスタ・チャンピオンシップで三度優勝に輝いたマックスウェル・コロナ=ダッシュウッドが共同経営者に加わっているこのスペシャルティコーヒーの店では、とことん味にこだわっています。だからこそ、メニューは週替わり。世界各国で調達する新鮮な豆を英国各地の専門店でローストし、交代で出しています。 

 

ブリストル:フル・コート・プレス

フィルターブレンド2種類とエスプレッソブレンド2種類だけが週替わりで書かれるメニューが、店内のミニマリストなインテリアにマッチしています。豆は世界各国の個人農場や農業組合、そしてヨーロッパの約30の焙煎業者から調達。その味に魅せられたリピーターが続出しています。

 

ロンドン:プルフロック

ワールド・バリスタ・チャンピオンであるグィリアム・デイヴィスと英国バリスタ・チャンピオンシップの審査員長であるジェレミー・チャレンダーが経営するこのカフェは、タイムズアウト誌の「ロンドンのベスト・コーヒー」特集でも非常に高い評価を受けました。手を使ってフィルターコーヒーを淹れてくれるのが、この店でのハイライトと言えるでしょう。コーヒーバーでバリスタのとっておきの話を聴きながら週替わりのコーヒー3種類が楽しめる2階建ての店内は、コーヒー好きにとっては夢の国です。 

 

バーミンガム: クォーター・ホース・コーヒー

個人の焙煎業者が経営するこのカフェでは、嬉しいことに店内の焙煎所で豆をローストする様子を見学できます。コロンビアやグアテマラなど世界中の女性起業家による生産者から仕入れる上質の豆は、鮮度を最大に保つため、一週間ごとにローストされています。

 

リーズ:レインズ・エスプレッソ

このエスプレッソバーは、情熱の注がれたコーヒー(そして市内でも大人気のケーキ店ポーターハウス・ケーキのおいしいお菓子)が味わえるおしゃれなたまり場。さらにはコーヒー好きにプロの資格を与える教室も開いています。

 

マンチェスター:ポット・ケトル・ブラック

ビクトリア時代に建てられ、二級指定建造物になっているバートン・アーケードという魅力的なスペースにあるカフェ。趣のある雰囲気でアルチザンコーヒーを楽しむ場所を提供したいと地元ラグビー・リーグのスター2人が始めた店です。食べ物のメニューはとてもヘルシーで、グルテンフリーやヴィーガン食も選べます。

 

シェフィールド:スチーム・ヤード

スチーム・ヤードの経営者は、シェフィールドのディビジョン・ストリートにあった「伝統を破る独立した精神」を維持したいと考えていました。そこでこの街の産業の歴史の雰囲気を残しつつ、インテリアをコンクリートと木と皮でまとめた洗練されたカフェを開きました。二級指定建造物に入ったこのカフェでは、受賞歴のあるロンドンのスクェア・マイル・コーヒー・ロースターズから仕入れたコーヒー豆が使われています。「スティーブ・マックイーン」と呼ばれるスペシャルティーコーヒーとドーナツのセットも人気です。

 

ニューカッスルフラット・キャップス・コーヒー

地下にあるこのボヘミアンな雰囲気のカフェでは、フィルター、エアロプレス、懐かしいサイフォン式と3種類の抽出法でコーヒーが楽しめます。経営者は英国バリスタ・チャンピオンシップの決勝に進出した元銀行勤務のジョー・ミーガー。豆はイギリスとヨーロッパの焙煎業者から調達しています。

 

エディンバラ:ブリュー・ラボ

細部までこだわり抜いた正確な抽出テクニックを使い、シングルオリジンの豆をフィルターまたは水出し法で、あるいは正統派のエスプレッソローストを味わうことができるブリュー・ラボ。週替わりのコーヒーや地元産の食材を使ったフードメニューも魅力的です。

 

カーディフ:クォンタム・コーヒー・ロースターズ

店内がまるでユニークな実験室のようなクォンタムでは、コーヒーの淹れ方も実験的。円すい形のV-60やケメックスのプアオーバー、イブリック、水出しタワーなどを使って、自家焙煎した豆を完璧なブレンドコーヒーにしてくれます。

 

ベルファスト:エスタブリッシュト

進化し続けるベルファストのコーヒー界のパイオニア的な存在のひとつ。カテドラル・クォーターにある店内はおしゃれでミニマリストな内装で、おいしいブレンドコーヒーとブランチメニューが大人気です。家でのコーヒーの淹れ方を学べる教室にも力を入れています。

For more information contact:

VisitBritain Media Team

pressandpr@visitbritain.com

Assets to download

Download images in this article

Visit website

Download PDF version of this article

Brew Lab, Edinburgh
Preparing the perfect coffee at Quarter Horse Birmingham
Outside the Brew Lab, Edinburgh
Interiors at the Brew Lab, Edinburgh
Interiors at Prufrock
Exterior of Quarter Horse, Birmingham
Exterior of the Steam Yard, Sheffield
Blending the perfect brew at Prufrock
Coffee art at the Steam Yard
Flat Caps Coffee, Newcastle
Steam Yard, Sheffield