格安に英国を旅しよう

Thursday 21 November 2019

学生の方は海外旅行中、特に財布の紐が固くなりますよね。ここではチープに英国を旅する方法をご紹介します。お出かけ前に準備をすれば、英国各地の大都市でリーズナブルな旅が出来ますよ。

 

 

マンチェスター

宿泊先:6月から9月のあいだ、マンチェスター大学ウィットワースパーク学生寮に宿泊することができます。1泊16ポンドから。入館料無料のウィットワース・アートギャラリーに隣接し、市内までバスで15分です。

観光:マンチェスター・アートギャラリー民衆歴史博物館(People’s History Museum)帝国戦争博物館(the Imperial War Museum)はすべて入館料無料です。ロンドン外で英国最大のアートシーンを誇る『ホーム』で学生料金5ポンドの映画鑑賞はいかがでしょう。近代芸術、演劇、映画を専門にするアート施設です。マンチェスターで話題のクールなライブハウス『ザ・デフ・インスティチュート』では早めに行くと入店料が無料になります。

食事:ピカデリーで木曜日から土曜日のあいだ、安く美味しく食べられる屋台が並びます。天気が良ければ近くのピカデリー公園でピクニックはいかがでしょう。または中華街のスーパーの店内にあるタイ料理店『シアム・スマイルズ(Siam Smiles)』の素朴ながらも本格的な味や、アンコーツ地区にあるイタリアン『ルディーズ(Rudy’s)』の本場ナポリタンピザを堪能してください。

 

グラスゴー
宿泊先:市内ウエストエンドにある華麗なビクトリア調タウンハウス『ザ・グラスゴー・ユース・ホステル』は1泊14ポンドからです。

観光:入館料無料のケルビングローブ美術館で絵画を鑑賞した後は、こちらのガイドを利用して市内の鮮やかな壁画巡りをしてみましょう。格安にお笑いを視聴したい方は『ザ・スタンド・コメディ・クラブ』へ。火曜日夜のチケットはたったの2ポンドです。ライブハウス『キング・タッツ・ワー・ワー・ハット』のライブチケットは6ポンドから。かの有名なオアシスが最初に見出された有名な場所です。

食事:朝食はカラフルな『バブ・ボンベイ・ストリート・キッチン』でインドの薄焼きパン、チャパティをどうぞ。お昼には伝統的なフィッシュ&チップス『オールド・ソルティーズ』の5ポンドランチ(平日のみ)を狙うか、『ウエア・ザ・モンキー・スリープス』で2ポンド弱のハギス・サンドイッチをテイクアウトしましょう。
 

 

Ashton Lane in Glasgow

 

ブリストル
宿泊場所:ブリストル大学はすべての教育機関に携わる学生向けに、7月から9月のあいだ、部屋を1泊13ポンド(寝室バスルーム共同)から提供しています。ヒルサイド・ウッドサイド・キャンパスはクリフトン吊り橋のすぐ近くに位置しています。

観光:カボットタワーの頂上まで登りブリストルの街並みを見下ろした後は、こちらを利用して有名な覆面アーティスト、バンクシー作品を巡り歩いてみましょう。『M Shed』『アルノルフィーニ』などの美術館は入館料無料です。映画館『ザ・キューブ』(会員制。登録料1ポンド)では2ポンドからの格安チケットを提供しています。ライブ音楽を楽しみたい方は、ライブハウス『ヘッドファースト・ブリストル』で無料または格安チケットを見つけましょう。

食事:ストークス・クロフト地区にある『ザ・キャンティーン』ではお手頃価格の食事と無料コンサートが楽しめます。キャッスルパークにある人気の屋台『エドナズ・キッチン』のベジタリアン料理をテイクアウトして外で食べるのもいいでしょう。夜の街に繰り出す前に、アメリカン・ダイナー『グリルストック』の肉料理で腹ごしらえもおすすめです。

 

Banksy in Bristol 

 

ベルファスト
宿泊先:クイーン大学の一部であるエルムス・ビレッジ・キャンパスは、夏季に1泊40ポンド(朝食込み)で部屋を提供しています。緑の美しい地域にあり、中心街までは約1.6kmです。

観光:アルスター美術館は美術と歴史そして自然科学を混合した展覧会を発信する、画期的な知識の宝庫です。 入館料は無料で、月曜日を除く毎日開館しています。『オー・イェア・ミュージック・センター』ではあらゆる文化イベントを格安で随時行なっています。映画ファンは『クイーンズ・フィルム・シアター』へ。毎週月曜日は鑑賞料金が4ポンドと割引になります。

食事:河岸に近い、ビクトリア調屋根付き市場『セント・ジョージ・マーケット』で安くて美味しい食事をテイクアウトし、市庁舎前の広場でピクニックを楽しみましょう。クイーンズ・クオーター地区にある『コモン・グラウンズ・コミュニティ・カフェ』では格安の食事とフェアトレード認証コーヒーを提供しています。『マギー・メイズ』は豊富なメニューの朝食(終日オーダー可能)が人気で、いつも地元の学生で賑わっています。
 

Dunlace Castle in Belfast

 

ロンドン
宿泊先:夏休み中の、ロンドンの学生寮を利用しましょう。ロンドン芸術大学インペリアル・カレッジユニバーシティ・カレッジ・ロンドンなどの学生寮は中心地にあり、1泊18ポンドから宿泊可能。

観光:ボリス・ジョンソン前市長からとった愛称「ボリス・バイク」でお馴染みの、ロンドン市内自転車レンタルシステムを利用しましょう。24時間レンタルで2ポンド、随時30分以内に最寄りのドッキングステーションに返却すれば追加料金は発生しません。ロンドンの美術館や博物館は、ほとんどが入館料無料です。ショーディッチで行われている無料のストリートアート街歩きツアーに参加してみては。この地区にあるバンクシーやインベーダーなどアーティストたちの作品を目撃できるチャンスです。最新の格安・無料コンサートには、ライブ情報サイト『ロンドン・イヤーズ』が便利です。

食事:ロンドンでもっとも安く食べるには、数多くあるアジア料理がおすすめです。ソーホー地区は『ビビンバ』など韓国レストランが多く、ショーディッチ地区キングスランド・ロードはベトナム料理屋が並ぶことで有名です。バングラディシュ人街ブリック・レーンは良心的な値段のカレー屋が軒を連ねています。客引きに惑わされないようにお目当の店へ直行!

 

View from The Roof Gardens in Kensington 

 

カーディフ
宿泊先:学生は6月から9月のあいだ、カーディフ大学のセンゲニス・コート・キャンパス学生寮に宿泊できます。1泊13ポンドから。国立美術館や市内中心地に近い便利な立地です。

観光:ミレニアム・センターのグランファ・ステージで無料の上演を楽しみましょう。センター前の共同広場ロアルド・ダール・プラスで随時行われる無料イベントもお忘れなく。カーディフ湾の『ザ・グリークラブ』で行われる夜のイベント、イグナイト・カーディフは大変人気があり、TEDに似たトークが展開されます。チケットは無料ですが、大好評のため予約はお早めに。

食事:カーディフ湾にある屋台小屋『ピザ・プロント』でピザ(£3.25から)をテイクアウトしてウォーターフロントの眺めを楽しみながらどうぞ。郊外にある賑やかな学生街Cathays地区の『ホグワスト』でグルメホットドッグはいかがでしょう。ベジタリアンの方は『ファラフェル・キッチン』へ。辛いものがお好きな方には南インド料理レストラン『クマーズ』をおすすめします。お酒の持ち込みOKのお店です。

 

The Wales Millennium Centre in Wales.

Shop Travel Products

カーディフ市内観光 (City Sightseeing: Cardiff)

カーディフ市内観光 (City Sightseeing: Cardiff)
From ¥1,956
カーディフ市内観光 (City Sightseeing: Cardiff)

グラスゴー市内観光バスツアー (City Sightseeing: Glasgow Tour )

グラスゴー市内観光バスツアー (City Sightseeing: Glasgow Tour )
From ¥2,198
グラスゴー市内観光バスツアー (City Sightseeing: Glasgow Tour )

See All Products

VisitBritain Shop
See All Products

Latest Blogs

英国食べ歩きマップ

英国食べ歩きマップ

イギリスの最も優れたサイクリング・ルートに挑戦

イギリスの最も優れたサイクリング・ルートに挑戦

2020年にイングランドで経験できるエキサイティングなこと10選

2020年にイングランドで経験できるエキサイティングなこと10選

エディンバラのホグマニー – 世界一すてきな新年の迎え方

エディンバラのホグマニー – 世界一すてきな新年の迎え方

ダウントンに夢中:映画『ダウントン・アビー』のロケ地を訪ねよう

The stars of Downton Abbey
ダウントンに夢中:映画『ダウントン・アビー』のロケ地を訪ねよう