イギリスへの入国

ビザとパスポート

EU、EEA、スイス国籍の方
2021年10月1日以降、以下の場合を除き、EU、EEA、スイス国籍のIDカードを使って英国に入国することはできません:

- EU定住制度に基づく定住者または定住前の地位を有する方
- EU定住制度に基づく家族滞在許可証を持っている
- フロンティアワーカー許可証をお持ちの方
- S2ヘルスケアビジター
- スイス・サービス・プロバイダー

これらの場合、少なくとも2025年12月31日までは、英国への入国に国民IDカードを使用することができます。それ以外の方は、2025年12月31日以降、英国への入国にパスポートが必要となります。

その他の国の国籍の方
英国に入国するには、有効なパスポートが必要です。パスポートの有効期限は、ご滞在期間中ずっとです。
また、国によってはビザが必要な場合もあります。

ビザについて
英国への訪問を計画している方は、ビザを手配する必要があるかもしれません。ビザが必要かどうかは、国籍や渡航目的によって異なります。

EU諸国からお越しの場合
EU、EEA、スイス国籍の方の英国訪問に関する最新情報は、政府の公式ウェブサイトをご覧ください。

その他の国からお越しの場合
アメリカ、カナダ、オーストラリアからの観光客の方は、有効なパスポートをお持ちで、訪問理由が移民法の規定を満たしていれば、英国内をビザなしで旅行することができます。

ブラジル、韓国、香港、日本からの観光客の方は、英国内をビザなしで旅行することができます。また、南米やカリブ海諸国の一部の国の方にも適用されます。  英国のビザが必要かどうかは、こちらでご確認ください

クウェート、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦の国籍をお持ちの方で、英国への訪問を予定されている方は、ビザの代わりに電子ビザ免除を取得できる可能性があります。詳細は https://www.gov.uk/get-electronic-visa-waiver でご確認ください。

 

日本国民は6か月までの旅行または仕事で訪れる場合、有効なパスポートだけでイギリスに入国でき、追加のビザは必要ありません。ただし、次のようないくつかのアクティビティは、イギリス当局による旅行の定義から除外されます。スポーツ行事への参加者、アーティストおよびミュージシャン(報酬の有無にかかわらず)、慈善ボランティア、大学関係のビジター、無報酬のインターン、その他はビザが必要です。詳しい情報は、www.gov.uk/browse/visas-immigration をご覧ください。申請は旅行の最大3か月前にオンラインで行うことができます。ビザはイギリスへの入国前に取得する必要があります。取得しない場合、入国を拒否されます。

日本人の学生は6か月までの留学の場合、ビザは必要ありませんが、それより長いコースでは留学ビザが必要です。30歳未満の日本国民も、2年間の滞在と就業が許可されるユースモビリティスキームを取得することができます。詳しくは上記のウェブサイトをご覧ください。