ディケンズのイングランドを発見

ヴィクトリア朝時代を代表する偉大な作家の一人として知られるチャールズ・ディケンズは、今年で没後150年を迎えます。イングランド南海岸のポーツマスで生まれたディケンズは、チャタムとロンドンで幼少期を過ごした後、『ピックウィック・ペーパーズ』の連載で文学的成功を収めました。その後、15編の小説を発表したほか、「クリスマス・キャロル」、「オリバー・ツイスト」、「偉大なる期待」など数多くの小説や数百編の短編小説を発表しましたが、いずれもユーモアや風刺、ヴィクトリア朝社会の登場人物や側面に関するユニークな観察が満載です。

彼の作品の多くが映画やテレビで映画化されているように、ディッケン朝の英国を思い起こさせるものは、イングランド南部の各地や大画面で見かけることができます。
1870年に亡くなり、ウェストミンスター寺院のポエッツコーナーに安置された尊敬すべき作家の心の中を、深く掘り下げてみてください。

デヴィッド・カッパーフィールドの個人史

チャールズ・ディケンズの名作『デヴィッド・カッパーフィールドの個人史』をコメディタッチでリメイクしたアルマンド・イアヌッチ監督の派手な作品が、今年の初めに映画館で公開されました。主演のデヴ・パテルがタイトルロールを演じ、撮影はイギリス各地で行われ、イギリスで最も風光明媚な風景や印象的な建物が紹介されました。

1850年に初めて出版されたこの叙事詩的な勇気と忍耐の物語は、間違いなく著者の最も自伝的な小説であり、デヴィッド・カッパーフィールドが貧乏な孤児から繁栄した作家へと転身していく過程を描いたものです。

フィルムのロケ地

ピーター・カパルディ、ベン・ウィショー、モーフィッド・クラーク、ヒュー・ローリー、ティルダ・スウィントン、グウェンドリン・クリスティなど、英国のオールスターキャストが出演しています。スターの足跡をたどることを夢見ている方は、イングランド東部と南東部の撮影場所の詳細をご覧になったり、ディケンズの没後150年を記念して、ディケンズにインスピレーションを与えた場所について学んだりすることができます。

べーリー・セントエドマンズ

Filming The Personal History of David Copperfield in Bury St Edmunds, starring Dev Patel in the title role.

サフォークのバリー・セントエドマンズは、『デヴィッド・カッパーフィールドの個人史』の中で、エンジェルヒルやエンジェルホテルの周辺を含む多くのシーンの背景となっています。ディケンズがこの町を訪れたことを記念して、エンジェルホテルの正面には青いプラークが飾られています-ディケンズがこのホテルに初めて宿泊したのは1835年のことで、ジョージ王朝時代の建物の至る所にある鏡や美術品には小説家の名言を見ることができます。

アセナムのイベントスペースは、チェッカーズ・スクエアと並んで、新しい映画にも登場します。ディケンズは、ヴィクトリア朝時代に娯楽のために建てられたグレード1に指定されているこの印象的な建物で、デビッド・カッパーフィールドの朗読を含む朗読を行いました。映画のシーンは、有名な建築家ウィリアム・ウィルキンスによって設計された、イギリスで最後に稼働しているリージェンシー様式の芝居小屋、シアター・ロイヤルでも撮影されました。

ディケンズはこの町をよく訪れていました。この町にはマグナカルタや聖エドマンドとオオカミの伝説があります。

この町には、1,000年以上もの間、崇拝と巡礼の場であったセント・エドムズベリー大聖堂や、素晴らしいアビー・ガーデンズにあるセント・エドムント修道院跡など、多くの歴史的モニュメントがあります。かつてはイングランド最大かつ最も強力なベネディクト会修道院の一つであったこの遺跡には、印象的なアビー・ゲートからアクセスし、聖エドマンドの祠堂を発見する途中で、王族も訪れたことのある巡礼地を発見することができます!この遺跡の中には、聖エドマンド大聖堂があります。

1
バリー・セントエドマンズ

キングス・リン

キングス・リンのノーフォーク・マーケットの町とグレート・オーズ川の絵画のように美しい水辺が撮影のために生き生きとしていました。 ヘンリー・ベルが商人の交換所として建てた17世紀の建築の傑作「カスタム・ハウス」と、パーフリートの歴史的な港も映画の中で取り上げられています。この町は12世紀には国内でも有数の港で、中世の教会やギルドホール、高級住宅の秘密の中庭や隠し通路など、900年以上の海運の歴史を秘めた歴史的建造物が立ち並んでいます。

2
キングス・リン

ウェイボーン

Sunset at high tide behind the old beach huts at Wells-next-the-sea on the North Norfolk coast.

 

ノーフォーク・コーストの自然美が際立つ地域の中心部に位置するウェイボーンの海岸沿いの村の近くに広がる広大なビーチが撮影のもう一つの背景となりました。デヴィッド・カッパーフィールドの足跡を辿って砂利の浜辺を歩いてみたり、堂々とした断崖絶壁の上から美しいフリントコテージや、村の遺産である鉄道、海岸の西に少し離れたブラケニー国立自然保護区の野生動物の数々を眺めてみたりする夢を見てみてはいかがでしょうか。イングランド最大のグレイアザラシのコロニーが生息するこの注目すべき海岸線には、砂丘や礫岩の砂嘴、塩湿地、豊富な植物が生息しています。

3
ウェイボーン

ハル

『デイヴィッド・カッパーフィールドの個人史』のシーンは、イースト・ヨークシャーのハンバー川のほとりにあるハルの旧市街の石畳の通りでも撮影されました。歴史的な建物や狭い路地、ビクトリア朝のヘップワース・アーケードの中にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ることでしょう。ミュージアム・クォーター(Museum Quarter)では、この地域の魅力的な過去を掘り下げ、時代を感じさせる建築物を見ることができます。

4
ハル

ディケンズのイングランドをもっと見る

ディケンズは、ロンドンやケントの多くの場所にも縁があり、旅の途中で多くの場所を訪れています。 各地では、時代物の物件や文学的なつながりの強い場所を目にすることができます...

ブロードステアーズ

ディケンズは休日の多くをサネット島の海岸沿いの町に滞在していたため、ブロードステアーズのフォートハウス(現在はブリークハウスとして知られています)でデビッド・カッパーフィールドを執筆しました。1837年に初めてこの地を訪れたディケンズは、1852年8月に短編小説「Our English Watering Hole」でこの町を不朽のものにする前に、「American Notes」や「The Haunted Man」の一部を執筆しました。

今年はブロードステアーズ・ディケンズ ・フェスティバルは開催されていませんが、ディケンズの作品に触れ、ディケンズの足跡をたどることを夢見ることができます。このフェスティバルの起源は1937年、当時ディケンズハウスの住人だったグラディス・ウォータラーが、ディケンズがこの町を初めて訪れてから100周年を記念して、デビッド・カッパーフィールドのプロダクションを企画したことにあります。人々は公演の宣伝のためにビクトリア時代の衣装に身を包み、それ以来ほぼ毎年行われていますが、以前は第二次世界大戦の影響で中止されていました。

5
ブロードステアーズ・ディケンズ・フェスティバル

ディケンズ・ハウス博物館

Dickens House Museum, Broadstairs, Kent, England.

ディケンズ ハウス ミュージアムは、『デビッド カッパーフィールド』のディケンズの登場人物ベッツィー ・トロットウッドのインスピレーションの源となったコテージにあり、手紙、版画、衣装、その他の個人的な品々を集めたコレクションを通じて、ブロードステアーズとディケンズのつながりを称えています。ヴィクトリア・パレードの建物からはバイキング湾が見渡せ、彼の筆箱とディケンズの主要なイラストレーターの一人であるH.K.ブラウンの印象的な版画のセットが展示されています。 建物の前の所有者 メアリー・ピアソン・ストロングは デヴィッド・カッパーフィールドの有名なセリフの インスピレーションを提供しました "ジャネット!"ジャネット!ロバ!" ディケンズが好きで、ブロードステアーズをもっと見たいという方には、著者にリンクしたデジタル ・ディスカバリー ・ツアーもあります。

6
ディケンズ・ハウス博物館

48 ドウティー・ストリート, ロンドン

1837年にヴィクトリア女王が即位する数ヶ月前、ディケンズと妻キャサリンはこのカムデンの住所に滞在しました。彼はオリバー・ツイスト、ニコラス・ニクルビー、ピックウィック・ペーパーズなどの作品を執筆し、この物件はチャールズ・ディケンズ博物館としてビクトリア時代の魅力を保っています。実家の寝室、召使いの部屋、著者の書斎は、ヴィクトリア朝時代のイギリスの生活を思い起こさせるものであり、執筆机、手紙、原稿、キャサリンの婚約指輪などの宝物で溢れています。これらの多くは、博物館のインタラクティブなツアーで発見することができます。

7
ドウティ通り48番地

チャールズ・ディケンズ生家博物館(ポーツマス)

ポーツマスのオールドコマーシャルロードにあるディケンズの生家は、現在、リージェンシー朝の生活を紹介する家具やその他の記念品で埋め尽くされた博物館になっています。8年前に作家の生誕200周年を記念して、中心的な役割を果たしたこの博物館には、彼の長椅子や水飲み場など、彼の才能を偲ばせる品々が展示されています。ディケンズは後の人生で海岸沿いの町に戻り、『ニコラス・ニクルビーの人生と冒険』を執筆する際にも、この町について何度も言及しています。ポーツマスやその近くのサウスシーに住んでいたのは、彼だけではありません。シャーロック・ホームズの生みの親であるアーサー・コナン・ドイル卿や、著名な作家であるラドヤード・キップリングが、ポーツマスやその近くのサウスシーに住んでいたのです。

8
チャールズ・ディケンズ生誕地博物館
28 Jul 2020(last updated)