スコーンの作り方:英国伝統の味

英国の一日は紅茶がよく登場します。朝食とともに、そして夕食後でも…。でも一番欠かせないのは、そして典型的な英国のひと時といえばもちろん午後の紅茶、アフタヌーンティーです! 英国を旅する際は「英国の儀式」アフタヌーンティーを必ず一度は体験してくださいね。

 

アフタヌーンティーにはふたつの楽しみ方があります。ひとつはサンドイッチやスイーツが提供されるいわゆるフルコースのタイプ。もうひとつはクリームティーと呼ばれる伝統的なスタイルで、もともとはイングランド南西部のコーンウォールとデヴォンで始まったものが英国中に広まりました。紅茶に加えてクリームティーに必須なのはクロテッドクリームまたはカード(とても濃厚なクリーム)、美味しいジャム…そしてもちろんスコンです!

 

ここに紹介するスコンのレシピにぜひ挑戦して、美味しい英国の時間をご自宅で再現してみませんか。さあ、エプロンのご用意を!

Afternoon tea with scones, milk, clotted cream and jam.

Ingredients for about 8 scones (4 people):

材料(スコン8個、4人分

  • 薄力粉 230g
  • 牛乳 150ml
  • バター 60g(角切りにしておく)
  • 砂糖 25g
  • 卵 1個
  • ベーキングパウダー 5g
  • 塩 ひとつまみ

Preparation of the recipe:

作り方

 

オーブンを180℃に温めます。天板にバターを塗るかオーブン用シートを敷いておきます。
 

薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を均等に混ぜ、角切りした冷たいバターを溶かさないように細かく砕き、パン粉のようにさらさらの状態にした後に牛乳を加えます。

 

まな板とめん棒に打ち粉をふって、生地を厚さ2cmほどに伸ばします。ガラスのコップや大きめのクッキー型を使い丸く型抜きします。

 

牛乳を少々加えた溶き卵を生地の表面に刷毛で塗ります。

 

オーブン中段で焼き色がつくまで15分から20分ほど焼きます。ご自分のオーブンに合わせて時間を調節してください。

 

ジャムとクロテッドクリームを添えて、ミルクティーと一緒に温かいうちにお召し上がりください。

 

メモ:クロテッドクリームは英国以外では見つかりにくいかもしれません。この濃厚なクリーム(乳脂肪分がなんと55%!)は生乳を数時間煮詰めて冷蔵庫で寝かせたものですから、手に入らない時は自家製も可能です。

23 Apr 2020(last updated)