ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!

Friday 03 September 2021

驚異の2000回上演!名作戯曲が80年の時を超えて、現代に蘇る!! 

当時の様子を映し出す数々のロケ地!
 

あの世から帰ってきた妻が夫とやり直したいと願うおかしさと切なさが織り交じった本作の原案は、ノエル・カワードの戯曲「陽気な幽霊」。ノエル・カワードとは1920~40年代に活躍した、俳優・作家・戯曲化・脚本家・演出家・作曲家・歌手・映画監督と、いくつもの顔を持つ天才エンターテイナー。ポール・マッカートニーやブライアン・フェリー、エルトン・ジョンら音楽界のスターたちも、カワードのリスペクトを表明し、彼のトリビュート・アルバムに参加していることでも知られる。

そんな本作を、現代にフィットする物語として蘇らせたのは、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」の監督のひとりであるエドワード・ホール。同ドラマのマシュー・クローリー役で大ブレイクを果たしたダン・スティーヴンスや、オスカー俳優のジュディ・デンチなど豪華コラボレーションが実現。レトロでエレガントなファッションとインテリアで彩られた英国のアール・デコ様式の豪邸を舞台に、タイムリミット付きの切ない再会を描く、ラブシックストーリー。

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!

 

<ストーリー>

ベストセラー作家として名を馳せるチャールズは、スランプから抜け出すために、霊媒師マダム・アルカティに頼んで、事故死した最初の妻エルヴィラを呼び戻す。実は彼の小説は全て、生前エルヴィラが生み出したアイディアを書き留めただけのものだった。チャールズは、ハリウッド進出のチャンスをかけた初脚本も、彼女の力なしではムリだと思い知ったので、蘇らせたのだ。夫との再会を喜んだのも束の間、エルヴィラは自分が幽霊で、チャールズには新しい妻ルースがいると知ってショックを受ける。それでもチャールズに頼まれるままに“共同”制作するうちに、楽しかった日々がよみがえる。やがてエルヴィラは、このまま脚本が完成しなければいいと願うのだが、この世にいられる期限は刻一刻と迫っていた──。

ジョルドウィンズ

1930年代に建てられたアール・デコ形式の家で、劇中ではサリーヒルズにあるチャールズとルースの邸宅として登場。

本作のプロデューサーのジョン・ポール・ケリーは、「私たちは、この映画を1930~40年代のイギリスというスタイルではなく、近代主義的なアール・デコ住宅という、もっと現実離れしたイギリスの設定で、ハリウッドに刺激を受けた英国的な雰囲気へとリセットすることに決めました。これは、舞台での解釈とは少し違います。」と説明する。

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!

 

リッチモンド劇場

1899年にオープンし、ドラマやミュージカル、オペラなど幅広く提供する由緒あるロンドンの南西部にある劇場。

劇中では、霊媒師マダム・アルカティによる降霊ショーが開かれるシーンで登場。彼女を見てチャールズは執筆に着想を与えてくれると思い、降霊会を開いてくれないかと依頼する。

本作のプロデューサーのメグ・レナードは、「実際にリッチモンド劇場を使うことができたことは、とてもラッキーな事でした。脚本には書いていたのですが、使える確証は無く、楽観的に書いてましたからね。」

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!

 

ストーク・パーク

ロンドン西部の東京ドーム約26個分もある広大な土地を持つカントリー・クラブ。13面のテニスコートにゴルフコース、ホテルやスパなど充実した施設を併せ持つ。

劇中では妻ルースが優雅にテニスを楽しみ、チャールズが友人に悩みを打ち明ける。

 

ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!

 

パインウッド・スタジオ

1936年に開設されたバッキンガムシャーにある映画スタジオ。

ルースの父親の依頼で、チャールズが映画の脚本を執筆するが、スランプに陥りなかなか進まない。そんな中スタジオでは、ヒッチコックが撮影を行っている。

 

ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!

 

サヴォイ・ホテル

1889年から営業を行い、ロンドン中心部にあるイギリス最初の高級ホテル。

劇中では元妻のエルヴィラとバーを訪れ、二人でカクテルのネグローニを味わい、想いを打ち明ける。アメリカンスタイルのカクテルをヨーロッパに持ち込んだことで知られる人気のあるホテルで1930年代の傑出したファッショナブルな場所であった。

ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!

 

映画は9月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかロードショー。

原案:ノエル・カワード 監督:エドワード・ホール

出演:ダン・スティーヴンス、レスリー・マン、アイラ・フィッシャー、ジュディ・デンチ

2020年/イギリス/英語/100分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:BLITHE SPIRIT/字幕翻訳:中沢志乃

配給:ショウゲート  © BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
 

公式Twitter:@BLITHESPIRIT_jp 公式HP:https://cinerack.jp/blithespirit/

Latest Blogs

#POSUKUMAinUK ぽすくまの英国での夏休みソーシャルメディア キャンペーン

ぽすくまの英国での夏休み
#POSUKUMAinUK ぽすくまの英国での夏休みソーシャルメディア キャンペーン

「#私の見つけたイギリス」キャンペーン

英国政府観光庁 x ブリティッシュ・カウンシル「#私の見つけたイギリス」合同キャンペーン
「#私の見つけたイギリス」キャンペーン

スコットランドが誇るモルトウィスキーの島・アイラ島完全攻略法

モルトウィスキーの島・アイラ島完全攻略法
スコットランドが誇るモルトウィスキーの島・アイラ島完全攻略法

スコットランド第2の都市・グラスゴーの極私的満喫術

スコットランド第2の都市・グラスゴーの極私的満喫術
スコットランド第2の都市・グラスゴーの極私的満喫術

環境先進国でサステナブル・ロンドンを楽しみ尽くす!

Dalston Eastern Curve Garden
環境先進国でサステナブル・ロンドンを楽しみ尽くす!