イギリスを巡る

アクセシブル・ブリテン

体に障害のあるビジターに提供されるイギリス国内の設備は、進化し続けています。最近設計された建物または新しく改築された建物や公共のスペースには、車椅子でアクセスするためのリフトやスロープ(本ガイドのエントリごとの見出しで提供)、 特別に設計されたトイレ、 手すり、 聴覚障害者のためのイヤホンなどが備わっています。バスもアクセスしやすくなってきており、事前に知らせておけば、列車、フェリー、バスの乗務員が体に障害のある乗客の手助けをします。鉄道料金が割引される身体障害者用レールカードについては、旅行会社におたずねください。

多くの銀行、劇場、美術館では、視覚または聴覚障害者のための支援が提供されてます。Tourism for Allなどの専門の旅行会社では、体に障害のある御客様向けのツアーを提供しています。

Hertzでは、標準のレンタカー料金(追加料金なし)で、手で制御可能な車を提供しています。障害者用の駐車スペースを利用する場合は、特別なバッジを車に表示する必要があります。

体に障害のある旅行者用の設備についての全般的な情報は、Disability Rights UKにお問い合わせください。この協会は、体に障害のある旅行者向けに、豊富な情報を掲載した本も2冊出版しています。「Holidays in Britain and Ireland」と「There and Back」です。後者は、都市部での旅行の包括的なガイドです。この本は、飛行機、鉄道、車、船に関わらず、さまざまな移動方法間の連携に特に注意を払っています。