イギリスへの入国

船、鉄道、コーチ(長距離バス)での入国

ヨーロッパからの旅行者は、交通手段が何であれ、イギリス海峡または北海を横断する必要があります。フェリー便はヨーロッパ本土の多数の港から運行されていて、ほとんどのヨーロッパの都市からイギリスへの国際コーチ便とうまく連絡しています。英仏海峡トンネルにより、ヨーロッパとイギリスの間はノンストップの鉄道で結ばれています。フェリーと英仏海峡トンネルを通る列車の価格は競合しており、どちらも環境に優しい交通手段として飛行機に代わる存在です。

 

ヨーロッパからのフェリー便

多数のイギリスの港と北および南ヨーロッパの港の間には、車と乗客を運ぶフェリー便のネットワークが緻密に結ばれています。

フェリーは車や徒歩の旅行者にとっては、便利で経済的です。料金は、シーズン、移動時間、滞在期間によって大きく異なります。早期に予約すると、料金の大幅な節約になります – ドーバーとカレー間の往復は£22しかかかりません。最短の横断が一番安いとは限りません。高速の移動手段にはたいてい割り増し料金がかかるためです。

 

横断時間

横断時間は最短ルートの場合のわずか1時間あまりですが、スペインやスカンジナビアからの便の場合24時間かかることもあります。夜行便を利用する場合は、到着したときに疲れないように割り増し料金を払って寝台を取るのが良いでしょう。DFDS は高速シーキャット(双胴船/カタマラン)便をドーバーとフランスのブーローニュの間で運行しており、所要時間はわずか1時間足らずです。双胴船(カタラマン)は車を乗せることができ、通常の船のような縦揺れと横揺れがないので、船酔いしやすい人にお奨めです。

 

英仏海峡トンネル

英仏海峡トンネルのおかげで、ユーロスター と ユーロトンネル</hi>

でフランスやベルギーの高速鉄道網からイギリスにアクセスできます。フランスとベルギーでは、列車の最高速度は186 mph (300 km/h)です。料金は飛行機と変わりませんが、列車は飛行機よりはるかに便利で環境にダメージを与えません。通常、ロンドンからパリまでの乗車券は約£110ですが、£46にまで抑えることができます。

バスや車の乗客は、ユーロトンネル内を使用してカレーとフォークストン間を35分で結ぶ列車に乗ることができます。鉄道での旅行者向けには、フランス、ベルギー、イギリスが運営する約40の旅客専用のユーロスター列車便が運行しています。ユーロスターは、ブリュッセル、パリ、リール、カレーからアッシュフォード、エブスフリート、ロンドンのセントパンクラス駅までの直行便を運行しています。2本の旅客用トンネルと1本のサービス用トンネルがあり、どちらも海底の下25~45 m (82~147 ft)を通っています。

 

国際コーチ(長距離バス)での旅行

コーチ(バス)での旅行は他の旅行手段に比べて格段に安くなりますが、あまり快適とは言えません。ただし、時間にたっぷりと余裕があり、途中でどこかに立ち寄りたいなら便利でしょう。いったん乗車券の支払いをすれば、フェリーや英仏海峡トンネルに追加料金を支払う必要はありません。