イギリスへの入国

飛行機での入国

イギリスには認可された空港が約130ありますが、長距離飛行機を受け入れられるのはそのうちのほんの一握りです。最も大きいロンドンのヒースロー空港は、世界で最も多忙な国際空港であり、国際航空便のヨーロッパの主要な運航拠点です。ヒースロー空港は世界の主要航空会社の大部分に使用されており、ほとんどすべての大都市から直行便が乗り入れています。その他の国際空港には、ロンドンのガトウィックとスタンステッド、マンチェスター、グラスゴー、ニューカッスル、バーミンガム、エディンバラがあります。ロンドンシティ、ブリストル、ノーウィッチ、カーディフなどの小さい空港には、毎日、ヨーロッパへのフライト便があります。すべての空港で、厳しいテロ対策が実施されています。

 

イギリスの空港

イギリスの空港はすぐれた設備を備えています。特に、大きな空港には24時間営業の銀行、ショップ、カフェ、ホテル、レストランがあります。イギリスのすべての空港はセキュリティが厳しいため、パスポート管理と税関を通るのに少し時間がかかることがあります。絶対に手荷物を置いてその場を離れないでください。

ロンドン周辺には5つの空港があります。ヒースローとガトウィック(長距離フライトのある最も大きい2つの空港)と、イギリスの各地、ヨーロッパ、北アフリカへのフライト便のあるスタンステッド、ロンドンシティ、ルートンです。イギリスではそれ以外に、マンチェスター、バーミンガム、グラスゴー空港にも長距離フライト、特に北米へのフライト便があります。また、ブリストル、カーディフ、リーズ・ブラッドフォード、リバプール、ニューカッスル、エディンバラ、アバディーンなどの数多くの小さい地方空港には、イギリス各地、アイルランドとヨーロッパへの特に格安航空会社のフライト便があります。

日本とイギリス間の直行便は、ブリティッシュ エアウェイズ、ANA、日本航空が運行しています。すべて、東京(成田および羽田空港)とロンドンヒースロー空港間となります。運賃はかなり高くなりますが、途中で1か所だけ立ち寄る経由便の場合、運賃は安くなります。エールフランス、KLM、トルコ航空、エミレーツ航空、カタール航空は、日本とイギリス間に便利なフライトの組み合わせを提供しています。

ヒースロー空港には5つのターミナルがあり、その他の空港には2つ以上のターミナルがあります。飛行機に乗る前に、ご利用の便が発着するターミナルを確認してください。また、ロンドン周辺の5つの空港は互いに離れた場所にあり、その間を結ぶバスの所要時間は1~3時間です。空港間を移動する必要がある場合は、これを頭に入れておいてください。

 

空港からの交通手段

イギリスの国際空港は町の中心部から少し離れていますが、効率的に移動できます。ドア・トゥー・ドアで一番便利に移動できるのはタクシーですが、一番お金もかかります。また、道路が混んでいる場合、タクシーは時間がかかります。これは、バスやコーチでも同じ問題ですが、料金はタクシーよりずっと安くなります。

ヒースロー空港とニューカッスル空港は、効率的で速く、料金が安い地下鉄 で町の中心部とそれぞれ結ばれています。ヒースロー空港に着いたロンドンへのビジターは、パディントン駅への高速列車、ヒースローエクスプレスを利用することもできます(www.heathrowexpress.com または 0845 600 1515)。この列車は午前5時から真夜中ごろまで15分おきに運行されており、ターミナル1、2、3からは所要時間15分、ターミナル5からは21分です。ターミナル4は列車の乗り換えが必要なので、合計で23分かかります。ガトウィックに着いた場合は、ロンドンのビクトリア駅までのガトウィックエクスプレスを利用できます(www.gatwickexpress.com または 0845 850 15 30)。列車は25分おきに運行されており、所要時間は30分です。スタンステッド空港とマンチェスター空港にも定期急行列車があり、リーズナブルな料金で町の中心部まで安心して移動できます。

National Expressのコーチは、主要な空港(ロンドンのヒースロー、ガトウィックとスタンステッド、ルートン、バーミンガム、リバプール、マンチェスター、コベントリー、イーストミッドランド、ブリストル)からイギリス各地の目的地を直行便で結びます。ガトウィックとヒースロー間の定期便もあります。

 

イギリス国内での空の旅

イギリス国内での空の旅は、大幅に時間を節約できる長距離の場合にのみ意味があります – たとえば、ロンドンとスコットランド間、またはロンドンと沖合の島々との間などです。料金は高くなりますが、上手に事前に予約すれば、空港で出発前に購入するよりも最大で3倍安くなります。ブリティッシュ エアウェイズのシャトル便はグラスゴー、エディンバラ、マンチェスターといった都市およびロンドン間で運行されており、ビジネス客に非常に人気があります。1日のピーク時には1時間ごとにフライトがあり、それ以外のときは通常2時間ごとになります。国内便の場合でも、セキュリティは厳しく行われます。